日刊中年ジャンプ!

”式神つかい”の少年と”迷”探偵の物語!『カガミガミ』【3分でわかる!ジャンプ漫画レビュー】

 

 

f:id:taka19870704:20190328222940p:plain  f:id:taka19870704:20190119230537p:plain

 

 

都内の櫻ヶ守公園内で起きた、4人の少年のバラバラ殺人事件。

人の手では到底なしえない犯罪に、調査のため、式神つかいの少年・嘉神恭介が派遣される。

現場で出会った”迷探偵”(!?)の美好マコと共に犯人を捜し始める恭介。

だが、彼らに犯人の危険な式神が襲いかかり…!?

 

f:id:taka19870704:20190328223247p:plain

©カガミガミ
 

『カガミガミ』とは

 

週刊少年ジャンプ2015年11号から2015年51号まで連載していたファンタジー漫画。

作者は岩代俊明、単行本は全5巻となっている。

2014年28号に読み切り『式神トワイライトデイズ』を掲載後、本格連載となった。

岩代先生にとって『みえるひと』『PSYREN -サイレン-』に続き、3作目の連載である。

 

『ジャンプBOOKストア!』で読める!

 

ジャンプBOOK(ブック)ストア!
ジャンプBOOK(ブック)ストア!
開発元:SHUEISHA Inc.
posted withアプリーチ

「ジャンプBOOKストア!」は、その名の通り週刊少年ジャンプの”過去の名作”から”最新の作品”までが楽しめる集英社のマンガアプリ。

自社のアプリということもあって、「1巻無料」や「〇巻まで無料」といった試し読みサービスが充実しているのが特徴。

まずは、無料で読み、気になったら続きを購入することがオススメだ。

アプリはiOS版、android版ともに絶賛配信中である。

 

ここがオススメ!

 

殺人リッパー事件

ある日、都内にある”櫻ヶ守公園”で不可思議な殺人事件が起こった。

犠牲者は地元の若者グループ4人。

4人とも全員、鋭利な刃物で同時にバラバラにされていたのだ。

すぐさま警察が捜査に動いたものの、犯人に繋がるものはなく、世間では”殺人リッパー事件”として、騒ぎになっていた。

 

f:id:taka19870704:20190329002017p:plain

©カガミガミ

 

探偵・美好真子

その”殺人リッパー事件”に目をつけた一人の女探偵がいた。

 

彼女の名前は”美好 真子(みよし まこ)”

真子は、幼少期に”物に触れるとその持ち主へと繋がる光の糸を見ることができる”という不思議な力を持っていた。

それがきっかけとなり、探偵事務所を開いたものの、今では”その力”は消えてしまい、誰からも依頼が来ない困窮状態・・・。

 

そんな現状を打破するためにも、「この殺人リッパー事件を解決して、名を上げるしかない」と、個人的に捜査に乗り出したのだった。

 

f:id:taka19870704:20190329005325p:plain

©カガミガミ

 

式神つかい・嘉神恭介

警察の目を盗み、捜査のため”事件現場”に忍び込んだ真子。

すると、そこには、”一人の少年”がいた。

 

f:id:taka19870704:20190329010257p:plain

©カガミガミ

 

その少年は、不思議な生物を操り、どうやら真子と同様に事件を捜査しているようであった。

少年は、”嘉神 恭介(かがみ きょうすけ)”と名乗ると、自分は”妖怪や神を宿した物体を自由自在に操れる”式神つかい”だという。

さらに、恭介はこの事件の犯人は「式神つかいの仕業」と真子に告げた。

 

”式神つかい”の力を間近で目撃した真子は、早速、恭介と共に捜査を開始するのだが、そんな2人の前に、ついに”リッパー”が現れたのだった・・・。

 

f:id:taka19870704:20190329011120p:plain

©カガミガミ


強力なリッパーの前に、恭介は太刀打ちできるのか!?

そして、”リッパー”を操る犯人は一体・・・!?

 

こうして、勇敢なる”式神つかい”の少年と、心優しき”迷”探偵の物語が開幕した!

 

 

最後に・・・

 

以上、『カガミガミ』のレビューであった。

 

毎回、凝った世界観の作品を作り出す岩代俊明先生、期待の新連載ということだったが、残念ながら”打ち切り”という結果になってしまった。

 

打ち切り理由は様々あれど、個人的には「読者視点に立ったキャラクターがいなかった」ことが大きかった気がする。

おそらく、それが”真子”の役割でなければならなかったのだが、”「式神」だのなんだの”という、一般人が目にすれば驚き、疑問に思うであろう物事を、1話目からすんなりと受け止め、そのことに関して、何も疑うことをしないのだ。

 

これは、真子自身も過去に”不思議な力”を持っていたため・・・というのもあるのかもしれないが、それでも読者と真子の感覚がズレすぎてしまっていた。

その結果、この世界においての「式神」周りの細かい疑問ばかり増え、わかりにくい世界観を作り上げてしまっていたように思えた。

 

あとは主人公の恭介の性格にクセがなさすぎて、感情移入できないのも・・・。

 

 

 

ジャンプ

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • ジャンプノベル
  • その他の増刊号

 最新記事