日刊中年ジャンプ!

”メガプレイボーイ”を食い止めろ!『D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜』【3分でわかる!ジャンプ漫画レビュー】

 

 

f:id:taka19870704:20190324184842p:plain  f:id:taka19870704:20190119235402p:plain

 

”女性アレルギー”という変わった体質を持つ高校生・桃生純太

しかし、ある日を境に、大モテのメガプレイボーイに変身してしまう!

それは未来から来たDNAオペレーター・葵かりんが純太に間違えて撃ったD・C・M(DNA変化薬)弾のせいで・・・。 

 

f:id:taka19870704:20190324201218p:plain

©D・N・A²
 

『D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜』とは

 

週刊少年ジャンプ1993年36・37号から1994年29号まで連載していたSFラブコメ漫画。

作者は桂正和、単行本は全5巻となっている。

連載期間は約10か月ほどながら、TVアニメ化、OVA化されるなど、コアな人気を博した。

また、アニメのOPとEDは、ブレイク前の『L'Arc〜en〜Ciel』と『シャ乱Q』が担当していた。

 

『ジャンプBOOKストア!』で読める!

 

ジャンプBOOK(ブック)ストア!
ジャンプBOOK(ブック)ストア!
開発元:SHUEISHA Inc.
posted withアプリーチ

「ジャンプBOOKストア!」は、その名の通り週刊少年ジャンプの”過去の名作”から”最新の作品”までが楽しめる集英社のマンガアプリ。

自社のアプリということもあって、「1巻無料」や「〇巻まで無料」といった試し読みサービスが充実しているのが特徴。

まずは、無料で読み、気になったら続きを購入することがオススメだ。

アプリはiOS版、android版ともに絶賛配信中である。

 

ここがオススメ!

 

高校生・桃生純太

私立歩駒高校に通う高校生、桃生 純太(ももなり じゅんた)。

一見、どこにでもいそうな男子高校生であるが、純太には、重大な悩みがあった・・・。

それは女の人の”水着”や”裸”を見ると、ゲロを吐いてしまうという、女性アレルギーの特異体質を持っていること・・・。

このことが原因で、”好きな女の子”がいても、いつも失敗ばかりしていたのだった。

 

f:id:taka19870704:20190324210444p:plain

©D・N・A²

 

DNAオペレーター・葵かりん

「ゼッタイにこの体質を治してやる!」と、意気込む純太。

そんな純太の前に、”雨ガッパ”のようなものを着た”謎の女の子”が現れる。

 

彼女は、「63年後の未来から来たDNAオペレーター、葵かりん」だと名乗る。

そして、”未来の大きな問題となる人口増加を抑えるために、100人以上の子供を残すメガプレイボーイ・桃生純太のDNAを書き換える仕事のために来たのだ”と、説明するのであった。

 

f:id:taka19870704:20190324221940p:plain

©D・N・A²

 

メガプレイボーイに覚醒!?

しかし、目の前にいる純太は冴えないモテない男で、どうみても”メガプレイボーイ”には見えない・・・。

もしかしたら人違いなのでは・・・?

 

けれど、「きっと、まだ本能が覚醒してないだけに違いない」と、かりんは純太に”DNAを書き換える特殊な銃弾”を撃ち込むのであった。

 

f:id:taka19870704:20190324222307p:plain

©D・N・A²

 

これにて一件落着!

 

・・・・かに思えたが、かりんが撃ち込んだ銃弾は、”DNAを書き換える”ものではなく、”DNAを覚醒”させるものであった!

こうして、ついに”メガプレイボーイ”として覚醒してしまった純太は、次々と女の子を魅了していくのだった。

 

f:id:taka19870704:20190324223002p:plain

©D・N・A²

 

果たして、かりんは未来を救うため”メガプレイボーイ”となった純太を止めることができるのか!?

モテない男から急にモテモテになった純太を巡り、少しおかしな恋愛模様が始まった!

 

 

最後に・・・

 

以上、『D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜』のレビューであった。

 

通常の恋愛漫画に桂正和先生お得意の”SF”を上手く合わせることで、今までになかったようなSFラブコメディに仕上がっていた。

しかし、そのせいか恋愛漫画としてもSF漫画としても、なんとも中途半端な内容となってしまい、ラブコメファンもSFファンも上手く取り込めていなかったように思える。

特に序盤はSF設定が強く、なかなかストーリーが理解しにくかったのも原因か。

もっと男性読者が期待していた”エロ方面”に突き進んでいれば、また違っていたような気も。

 

ただし、やはり桂先生の描く女の子は可愛らしく、とても魅力に溢れているし、エロス満載で”らしさ”は十分に発揮できていたのでは。

 

 

 

ジャンプ

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • ジャンプノベル
  • その他の増刊号

 最新記事