日刊中年ジャンプ!

あのジャンプが〇万円!?プレミアが付いている”週刊少年ジャンプ”を紹介!(解説あり)

ちょこちょこ昔の少年ジャンプを買ってるんだけどさ・・・。

うんうん。

中にはプレミアがついてしまって、欲しくてもどーしても手が出ないものもあるのよ!

確かにたまに高額で売られていたりするのを見たりするなあ。

そこで今回は、ジャンプの高額売買されている号を紹介するわ!

 

 

週刊少年ジャンプのみとなっています、増刊号などは含めていません。

※値段はネットショップや店舗などで売られている価格帯の平均です。

※あくまで個人で調べたものなので、今回紹介したものより高額なものがあるかもしれません、今回紹介しているものは一部のものです。

 

 

 

 

プレミアがついている『週刊少年ジャンプ』一覧 

 

1996年27号  価格:4000~5000円  

 

f:id:taka19870704:20190226172858p:plain

 

大人気の『スラムダンク』が表紙ということもあるが、その『スラムダンク』の最終話が掲載されたのがこの『1996年27号』だったこともあり、プレミア価格に。

ちなみに最終回で表紙を飾った漫画は、『スラムダンク』と2016年に完結をした『こち亀』の2つのみである。

 

1983年5・6号  価格:4000~5000円

 

f:id:taka19870704:20190225235623p:plain

 

1980年代から1990年代までお正月の恒例となっていたジャンプ作家の集合表紙。

このジャンプ作家の表紙シリーズは人気が高く、他のものも高額で売買されているのだが、この『1983年5・6号』は、『電影少女』や『I`s』で有名な桂正和先生の連載デビュー作・『ウイングマン』の連載開始号でもあるため、その分もプラスされてのプレミア価格となっているようだ。

 

1994年19号  価格:4000~5000円

 

f:id:taka19870704:20190226165614p:plain

 

『るろうに剣心』の連載開始号のためにプレミア価格となっている。

後に大人気にとなる漫画の”連載開始号”であったり、”人気漫画が飾った表紙”が、数年後、数十年後にプレミアが付く傾向がある。

 

1995年25号  価格:4000~5000円

 

f:id:taka19870704:20190226171637p:plain

 

『ドラゴンボール』の最終話が掲載されているために、プレミア価格となっている。

表紙を飾っていなかったこともあり、そこまで価格は高騰していない。

 

f:id:taka19870704:20190320235720p:plain

©週刊少年ジャンプ

 

1978年52号  価格:4000~5000円

 

f:id:taka19870704:20190225215214p:plain

 

『Dr.スランプ』『ドラゴンボール』でお馴染みの鳥山明先生のデビュー作である『ワンダーアイランド』が掲載されているため、プレミアがついてる。

 

f:id:taka19870704:20190305124938p:plain

©ワンダーアイランド

この『ワンダーアイランド』自体は『鳥山明○作劇場 1』に収録されており、現在では電子書籍化もされているため、簡単に読むことができる状態となっている。

ちなみに、掲載デビューを飾ったこの号の巻末では「アメリカンコミックのすきなパチンコ狂。とんでるディスコボーイをヨロシク!」とのコメントを載せている。

 

 

 

1998年9号  価格:4000~5000円

 

f:id:taka19870704:20190226175012p:plain

 

『スラムダンク』の井上雄彦先生の読み切り『ピアス』が掲載されている。

 

f:id:taka19870704:20190320234731p:plain

©週刊少年ジャンプ

単行本などには未だに未収録となっており、このジャンプでしか読めないためプレミア価格となっている。

『週刊ヤングジャンプ』2001年49号に再掲載されたが、そちらもプレミアがついている。

 

1998年14号  価格:4000~5000円

 

f:id:taka19870704:20190226175103p:plain

 

冨樫義博先生の『HUNTER×HUNTER』の連載開始号であるため、ここまでのプレミアがついているよう。

去年で一応、”連載20周年”を迎えていたようだ。

 

1979年39号  価格:5000~7000円

 

f:id:taka19870704:20190225220132p:plain

 『銀牙 -流れ星 銀-』でお馴染みの高橋よしひろ先生の『悪たれ巨人』の連載開始号に加え、人気の高い『キン肉マン』が表紙を飾っているため、ここまでのプレミア価格となっているようだ。

ちなみに、高橋よしひろ先生はこの当時、『月刊少年ジャンプ』にも『白い戦士ヤマト』という漫画を連載しており、2つの雑誌で連載を持っていた。

 

 

1984年50号  価格:5000~7000円

 

f:id:taka19870704:20190226005439p:plain

 

『キン肉マン』が表紙ということもあるが、次号より『ドラゴンボール』の連載が開始されるため、次号予告に『ドラゴンボール』のブルマのイラストが掲載されている。

 

f:id:taka19870704:20190320195757p:plain

©週刊少年ジャンプ

自分が知る限り、単行本やイラスト集などにも”未収録のカット”となっており、このジャンプでしか見ることができない貴重なイラストである。

そんなこともあってか、ここまで価格が高騰しているのであろうと考えられる。

 

 

2001年36・37号  価格:5000~7000円

 

f:id:taka19870704:20190226232251p:plain

 

後に大人気漫画となる『BLEACH』の連載開始号のためにプレミアが付いている。

この号には『遊☆戯☆王』のカード”アポピスの化身”が付録として付いているのだが、この付録があるかないかでも多少価格が変わってくるようだ。

 

1972年41号  価格:5000~7000円

 

f:id:taka19870704:20190225200801p:plain

 

本宮ひろ志先生の大人気漫画『男一匹ガキ大将』が表紙であることと、次号より連載が開始される『マジンガーZ』の”予告カット”が掲載されているためのプレミア価格だと思われる。

 

f:id:taka19870704:20190320200936p:plain

©週刊少年ジャンプ

 

1976年29号  価格:6000~8000円

 

f:id:taka19870704:20190225211733p:plain

 

秋本治先生の以前のペンネームである”山止たつひこ”名義で掲載された『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の読み切り版が掲載されているため、プレミア価格となっている。

吉沢やすみ先生の『べらんめえホームズ』の連載開始号でもあるため、その分も多少は加味されているものと思われる。

 

1984年35号  価格:6000~8000円

 

f:id:taka19870704:20190226005028p:plain

 

「キン肉マンの素顔って・・・だったの!?その素顔を、な・・・なんとNo.35で初公開する!!」という煽りがついたジャンプの次号予告をムック本であった”キン肉マン熱闘スペシャル”に掲載し、この号はハードルを上げに上げた状態で発売された。

 

結果的に素顔は明かされることがなかったのだが、この号の付録であった”『キン肉マン』素顔のポスター”と裏面の読者から募集され、次の「王位争奪編」で活躍する超人たちが掲載されていたことが、資料的に価値の高いものであったことが要因か。

 

f:id:taka19870704:20190320204506p:plain

©週刊少年ジャンプ

 

2004年2号  価格:6000~8000円

 

f:id:taka19870704:20190227153415p:plain

 

『銀魂』の連載開始号のため、プレミア価格となっている。

 

1990年51号  価格:6000~8000円

 

f:id:taka19870704:20190226161751p:plain

 

『幽遊白書』の連載開始号のため、プレミア価格となっている。

 

f:id:taka19870704:20190320205542p:plain

©週刊少年ジャンプ

 

1996年41号  価格:8000~10000円

 

f:id:taka19870704:20190226173141p:plain

 

『すごいよ!!マサルさん』が表紙のため・・・ではなく、『ONE PIECE』のプロトタイプである尾田栄一郎先生の読み切り『ROMANCE DAWN』が掲載されている貴重な号となっているためのプレミア価格である。

 

f:id:taka19870704:20190320210131p:plain

©週刊少年ジャンプ

なお、漫画自体であれば、尾田栄一郎短編集『WANTED!』に収録され、購入すれば誰でも読める状態となっている。

 

 

 

1983年41号  価格:8000~10000円

 

f:id:taka19870704:20190226000344p:plain

 

『北斗の拳』の連載開始号のため、プレミア価格となっている。

「一九九×年、世界は核の炎につつまれた!!」という衝撃的なスタートであった。

 

f:id:taka19870704:20190320210616p:plain

©週刊少年ジャンプ

 

1985年13号  価格:8000~10000円

 

f:id:taka19870704:20190226005906p:plain

 

『シティハンター』の連載開始号のため、プレミア価格となってる。

付録に『ドラゴンボール』と『キン肉マン』のポスターがあるため、その分も上乗せか?

 

1986年1・2号  価格:8000~10000円

 

f:id:taka19870704:20190226010813p:plain

 

『聖闘士星矢』の連載開始号のため、プレミア価格となっている。

 

1990年42号  価格:10000~12000円

 

f:id:taka19870704:20190226161527p:plain

 

『スラムダンク』連載開始号のため、プレミア価格となっている。

 

1979年22号  価格:12000~14000円

 

f:id:taka19870704:20190225215732p:plain

 

『キン肉マン』の連載開始号のため、プレミア価格となっている。

初期のカラー設定が”緑”であるのがわかる貴重なカラーイラストでもある。

”緑”の理由は、細かい指示を出さすに外部のイラストレーターに委託したためだそうだ。

 

1987年1・2号  価格:15000~17000円

 

f:id:taka19870704:20190226011909p:plain

 

『ジョジョの奇妙な冒険』の連載開始号のため、プレミア価格となっている。

2017年に発売された『週刊少年ジャンプ復刻版』にラインナップされたが、価格が落ちることがなかった。

ジョジョシリーズでは、特に人気のある”第3部”、”第4部”が表紙を飾ったジャンプは、比較的にプレミアがついてる。

 

 

 

1999年43号  価格:15000~17000円

 

f:id:taka19870704:20190226180804p:plain

 

『NARUTO』の連載開始号のため、プレミア価格となっている。

NARUTOは海外でも人気が高いため、価格が高騰している。

 

1997年34号  価格:18000~20000円

 

f:id:taka19870704:20190226174157p:plain

 

『ONE PIECE』の連載開始号のため、プレミア価格となっている。

古書店などでも、状態の良し悪し関係なく、売りに出されている機会がほとんどない。

こちらも『週刊少年ジャンプ復刻版』にラインナップされていたものの、値段が下がることはなかった。

 

f:id:taka19870704:20190320215949p:plain

©週刊少年ジャンプ

 

 

 

1972年34・35号  価格:25000~35000円

 

f:id:taka19870704:20190225200628p:plain

手塚治虫のライオンブックシリーズ『泥だらけの行進』が掲載されている。

現在でも単行本に未収録となっており、プレミア価格となっている。 

単行本未収録の理由としては”差別用語”が多く使用されていることが理由である。

 

なお、ジャンプの表紙、目次などでは『どろまみれの行進』と表記されており、タイトルのみ先出しして、修正が間に合わなかったのが伺える。

 

f:id:taka19870704:20190320220804p:plain

©週刊少年ジャンプ

 

1984年51号  価格:40000~50000円

 

f:id:taka19870704:20190226005456p:plain

 

『ドラゴンボール』の連載開始号のため、プレミア価格となっている。

人気のためか、ほとんど市場に出回ることがなく、古書店などでもガラスケースに入って、販売されているほどのレアリティである。

状態次第ではあるが、美品ともなると7~8万円で売られている。

 

f:id:taka19870704:20190320221151p:plain

©週刊少年ジャンプ

 

1968年1号(創刊号)  価格:70000~100000円

 

f:id:taka19870704:20190225011953p:plain

 

週刊少年ジャンプの創刊号。

当時はまだ週刊誌ではなかったため、『少年ジャンプ』という名前であった。

『週刊少年ジャンプ復刻版』にラインナップされたが、価格は落ちることなく、状態によっては10万円ほどで売られている。

50年前のものであることから、保存状態が良いものは限りなく少ない。

 

 

最後に・・・

 

以上、『プレミアがついている週刊少年ジャンプ一覧 』であった。

 

プレミアが付くものの条件としては、やはり現在、人気のある漫画の”連載開始号”ということがあるようだ。

ジャンプを処分する際には、漫画の”連載開始号”のみでも手元に残してみてもいいだろう。

もしかすると、その漫画が大人気となり、数年後、数十年後にとんでもないプレミアが付く可能性も。

 

ただ、現在発売されている『週刊少年ジャンプ』は、電子版としても配信されているため、今回、紹介したような価格にまで跳ね上がるまでにはならないか・・・?

 

 

ジャンプ

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • ジャンプノベル
  • その他の増刊号

 最新記事