日刊中年ジャンプ!

野々上大二郎先生の新連載『最後の西遊記』ってどんな漫画?あらすじと感想を紹介

 

 

 

f:id:taka19870704:20190304135450p:plain



その少女の『声』は世界を滅ぼす力を持っている―。

小3の春、学校から帰った龍之介は父に突然「今日からお前の妹だ」と一人の少女を紹介される。

その少女・コハルは、目が見えず、その手足は義手義足・・・そして、人知を超えた”ある能力”を秘めていたのだった・・・。

 

f:id:taka19870704:20190304140607p:plain

©最後の西遊記

 

『最後の西遊記』とは

 

週刊少年ジャンプ2019年14号から連載が開始されたファンタジーアクション漫画。

作者は野々上大二郎。

2013年には、『無刀ブラック』の連載経験があり、今作では約6年ぶりの本誌連載となった。

 

 

ここがオススメ!

 

主人公・龍之介

龍之介は小学校3年生の春を迎えていた。

そんな龍之介には、3年生になるにあたり、ひとつの楽しみがあった。

それは、小学校3年生から入団することができる”野球のスポーツ少年団”に参加すること。

過去に両親に連れられ、実際の野球を見たそのときの光景が忘れられず、自身も野球をすること楽しみにしていた。

 

しかし、その”楽しみ”は、ある日、突如として奪われてしまう。

 

f:id:taka19870704:20190304151102p:plain

©西遊記の西遊記

 

謎の妹・コハル

学校から家であるお寺に帰ると、そこには父親と”謎の少女”が待っていた。

”謎の少女”は、車椅子に座り、両手、両足に義足をつけていて、目も見えないようだ。

少女の名前は、コハル。

龍之介のひとつ年下で小学2年生、父親の知り合いの子だという。

 

そして、驚くことに、父は龍之介に「今日からお前の妹だ」と告げたのだった。

状況がイマイチ呑み込めない中、さらに、「学校に行くのを辞めて、コハルの面倒を見るように」と、龍之介に強く言い聞かせた。

 

f:id:taka19870704:20190304151710p:plain

©最後の西遊記

 

コハルは何者・・!?

小学校に通うことができないのならば、楽しみにしていたスポーツ少年団に入ることもできない・・・。

突然、突き付けられた現実を最初は受け入れることができず、毎日のようにコハルに強く当たってしまう龍之介。

 

しかし、”ある出来事”をきっかけに、二人の仲は本当の兄妹のようになっていった。

「これからは、お前の光になって、護ってやる」・・・龍之介がそうコハルに誓ったその夜のことであった。

夜中に目を覚ますと、隣で寝ていたはずのコハルの姿はない・・・。

 

そして、コハルを探す龍之介の前に、得体の知れない化け物が姿を現したのだった・・・・。

 

f:id:taka19870704:20190304152706p:plain

©最後の西遊記

 

この化け物は一体・・・?

そして、突然、家にやってきて妹となった”コハル”は何者なのか・・・?

兄と妹が織りなす奇々怪異ファンタジーが始まった!

 

 

最後に・・・

 

以上、『最後の西遊記』のレビューであった。

 

野々上大二郎先生の実に6年ぶりとなる連載作品。

前作の『無刀ブラック』は、説教臭さが前面に押し出るようになっていき、そのまま終わっていってしまったのだが、今作は果たして。

 

正直なところ、1話目の時点では、全容がイマイチわからず、何が何だかよくわからないような内容であった。

 

父親がいっていた”コハルの能力”がイマイチ理解できないのは自分だけであろうか・・・。

父親の説明の仕方がいちいち難しくて、小学3年生の龍之介が良く理解できたなあというレベル。

「コハルの言葉が妖怪を生む」ってどういうことだ。

人が恐怖を感じ、コハルが恐怖の存在する位置を言葉にすると妖怪となって実体化するっていうことなのか??

話が進むにつれて「ああ、なるほど」わかるようになるのかなあ。

この能力を自分なりに解釈するのに4回くらい読み返したけど、もはやこの「ストレートに言葉が理解ができない」ことがストレスになっているのが辛い。

 

2話目以降は、スラスラ読めるようになることを期待したい。

 

 

 

 

 

ジャンプ

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • ジャンプノベル
  • その他の増刊号

 最新記事