日刊中年ジャンプ!

【1970年~1979年】週刊少年ジャンプ連載作品を振り返る その⑧

今回は、”1970年~1979年のジャンプ連載作品を振り返る”の8回目です。

この頃に、「こち亀」の連載が始まったと思うと、まじでやばいわね・・・

40年間の連載もすごいけど、その”40年間休載なし”なのがすごいよね。

何人かの漫画家には、秋本先生の爪の垢を煎じて飲んで欲しいわね!

まあ、それぞれ事情がありますから・・・。

 

 

 

 

 

 1970年~1979年週刊少年ジャンプの連載作品 その⑧

 

実録 巨人軍物語

 

f:id:taka19870704:20181208162530p:plain

 

作者 竜崎遼児/吉田憲生
連載期間 1976年35号~1976年52号
巻数 全-巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

単行本未発売

 

 

北斗の騎士

 

f:id:taka19870704:20181208162530p:plain

 

作者 南一平/遠崎史朗
連載期間 1976年41号~1977年3号
巻数 全-巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

単行本未発売

 

 

こちら葛飾区亀有公園前派出所

 

f:id:taka19870704:20190302164210p:plain

 

作者 秋本治
連載期間 1976年42号~2016年42号
巻数 全200巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

派出所に勤める両さんこと両津勘吉は、なによりもお金儲けが大好きな型破りなお巡りさん。
そんな両さんが、超絶セレブの中川・麗子、超堅物上司の大原部長、他にも大勢いる超個性豊かなキャラ達と繰り広げるドタバタ人情ギャグ。

 

 

破天荒な両さんが、徐々にオタクっぽくなってくのが不思議よね

次第に、両さんと秋本先生が融合していったような感じだよね。

 

 

UFO狩り

 

f:id:taka19870704:20190309230123p:plain

 

作者 木村知生/三木孝祐
連載期間 1977年1号~1977年4号
巻数 全1巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

あるとき、突然現れた未確認飛行物体・UFO。

一体、UFOの正体とは・・!?

UFOのすべてを暴く、衝撃のドキュメント!

 

知生先生は、徹夜続きでまぶたの裏にUFOが見えたそうよ。

知生先生、ツイッターやってるんだ・・・この漫画の裏話を語って欲しいなあ。

 

 

リングにかけろ

 

f:id:taka19870704:20190302164335p:plain

 

作者 車田正美
連載期間 1977年2号~1981年44号
巻数 全25巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

世界チャンピオンも夢ではないと言われた偉大なボクサーを父に持つ高嶺竜児と姉の菊。

暴力を振るう再婚相手から母を救うため、おもしろくない日々を変えるため、実家を飛び出し東京へ向かう!

ボクシングに導かれた二人を東京で待ち受ける運命とは…。

 

 

必殺技が必ず大ゴマになってて、魅せ方がとても上手だったわね。

試合までの展開が地味だから、必殺技がすごい爽快感あったよねえ。

 

 

闇の逃亡医

 

f:id:taka19870704:20190302164414p:plain

 

作者 加藤唯史/高山よしの
連載期間 1977年7号~1977年30号
巻数 全2巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

昭和52年、東都大学附属病院でがん患者が次々と突然死した。

極秘裏に新抗ガン剤「キロイド」の臨床治験で患者がモルモットがわりにされていたのだ!

この事実を突き止めた若き医師・倉石は、何者かの手により殺害され・・・。

 

 

医療というよりサスペンス要素が強くて、少し大人向けだったかなあ。

そこに医療も絡んでるから、難しい言葉も出てくるしね・・・。

 

 

朝太郎伝

 

f:id:taka19870704:20190302172853p:plain

 

作者 中島徳博
連載期間 1977年8号~1979年15号
巻数 全11巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

高知で生まれ育った中学1年生の朝太郎は、ケンカに明け暮れる毎日。

ある日、元ヤクザで今はカタギの父親から勘当を言い渡され、突然やって来た父の組員だった男・勘介と、年は離れているが兄弟分として一緒に暮らすこと・・・。

 

 

中島先生は、この後くらいから絶筆状態になっちゃたわね・・・。

前作の「アストロ球団」から、だいぶ体調に無理して描いていたみたいだね・・・。

 

 

やっちん

 

f:id:taka19870704:20181208162530p:plain

 

作者 吉沢やすみ
連載期間

1977年15号~1977年29号

巻数 全-巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

単行本未発売

 

 

JUMP民話劇場

 

f:id:taka19870704:20181208162530p:plain

 

作者 野間吐史/たぬき地蔵
連載期間 1977年16号~1977年31号
巻数 全-巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

単行本未発売

 

 

ジャンボでごめんなすって

 

f:id:taka19870704:20181208162530p:plain

 

作者 いのうえ仁
連載期間 1977年21号~1977年29号
巻数 全-巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

単行本未発売

 

 

ホールインワン

 

f:id:taka19870704:20190302173218p:plain

 

作者 金井たつお/鏡丈二
連載期間 1977年23号~1979年49号
巻数 全13巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

戸橋矢一は、名門である明華学園に入学しようと試験を受ける。

だが、一次の筆記テストで失敗してしまい入学は絶望的・・・。

しかしなぜか、二次の実技試験への参加が許されて・・・。

 

 

ゴルフで人気を得たというより、パンチラで人気になったイメージが。

いつの時代も、男心を掴むのは”パンチラ”ですね・・・。

 

 

白い狩人

 

f:id:taka19870704:20190304130917p:plain

 

作者 小島正春/遠崎史朗
連載期間 1977年31号~1977年41号
巻数 全1巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

必ず仇はとってやる!!

大雪山のヌシといわれる巨大クマに、父、母、そして可愛い妹まで奪われた守人は復讐に燃え立ち上がった――。

雄大な北海道の原野を舞台に展開される異色の動物劇画!!

 

 

ヌシを倒す最後の場面に思わず笑ってしまったわ

そもそも、相棒的な犬の名前が「片耳」って・・・。

 

 

ユーカリの木のもとで

 

f:id:taka19870704:20190302173301p:plain

 

作者 中沢啓治
連載期間 1977年32号~1977年42号
巻数 全1巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

二十数年ぶりに被爆以来はじめて、広島に里帰りした父と子。

原爆の閃光にも耐えて生き続けるユーカリの木を捜しあてた父は、これまで誰にも語ったことのない、少年時代の思い出を我が子に語り聞かせる。

ユーカリは、原爆から逃げ続けてきた父を勇気づけるのだった。

 

 

いい漫画ではあるんだけど、相変わらず暗くて・・・。

中沢先生の漫画はメッセージ性が強烈だから、その分、感じるものが多いよね。

 

 

BIG 1

 

f:id:taka19870704:20181208162530p:plain

 

作者 鈴木正俊
連載期間 1977年33号~1977年52号
巻数 全-巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

単行本未発売

 

 

怪奇 真夏の夜話

 

f:id:taka19870704:20181208162530p:plain

 

作者 野間吐史
連載期間 1977年35号~1977年41号
巻数 全-巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

単行本未発売

 

 

すすめ!!パイレーツ

 

f:id:taka19870704:20190302164935p:plain

 

作者 江口寿史
連載期間 1977年41号~1980年46号
巻数 全11巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

千葉県流山市をホームタウンとするプロ野球チーム千葉パイレーツ。

富豪・九十九里の出資により創設されたが、九十九里オーナーの極端な浪費グセが祟って資金が底をつき、球団経営が悪化。

有力選手も軒並み球団を去り、いつしか弱小お荷物球団となっていた・・・。

 

 

不条理なギャグの中に、ときどき真面目な話を差し込むのがさすがよね。

無茶苦茶なわりに、全然ストーリーが破綻してないのがすごいよ・・・。

 

 

 

 

ジャンプ

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • ジャンプノベル
  • その他の増刊号

 最新記事