日刊中年ジャンプ!

週刊少年ジャンプのゲームを振り返る【ゲームボーイ編】 その①

今回から、”週刊少年ジャンプのゲームを振り返る【ゲームボーイ編】”が始まります。

今思うと、小さい画面で、白黒で・・よくこんなのやってたわね。

途中で出てきた”ゲームボーイカラー”は革命的だったよね。

あのカラーになった”衝撃”を今の子供たちが味わえないのは可哀想!

今更ですが、ゲーム紹介はすべて”五十音順”です。

 

 

 

 

 

 週刊少年ジャンプのゲームを振り返る【ゲームボーイ編】 その①

 

 

カルトジャンプ

 

f:id:taka19870704:20190224173725p:plain

 

メーカー バンダイ
発売日 1993年9月10日
価格 3,984円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

『週刊少年ジャンプ』が題材となっているクイズゲーム。

週刊少年ジャンプに関する「通常クイズ」「レトロ」クイズが出題される。

「クイズの王国」に築かれた「ジャンプの塔」をひたすらクイズに答えながら冒険するというストーリー。

 

f:id:taka19870704:20190224173744p:plain

©カルトジャンプ

 

クイズはすべて「週刊少年ジャンプ」の漫画から出題されるため、ジャンプ読者でしか答えられないという、まさにジャンプ読者のためだけのゲームであった。

当時は、本誌を読んでいれば簡単に答えられるクイズばかりであったが、発売から25年が経ち、時代経過と共に、今では出題される問題が難問ばかりとなっている。

 

キャプテン翼VS 

 

f:id:taka19870704:20190224173821p:plain

 

メーカー テクモ
発売日 1992年3月27日
価格 4,282円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

ファミコンで人気を得た『キャプテン翼シリーズ』同様、コマンド形式のシュミュレーションサッカーゲームとなっている。

原作の『小学生編』のキャラクターたちで”ワールドユース”に挑むオリジナルストーリー。

容量の関係上、削られている部分があるものの、ファミコン『キャプテン翼Ⅱ』がベースとなっていた。

 

f:id:taka19870704:20190224173839p:plain

©キャプテン翼VS

 

ファミコンシリーズ同様に高い人気を得た。

また、今作には、好きな選手を選び、チームを作って友達と遊べる対戦モードが搭載。

選手選びの際には、交互、PKで好きな選手を取り合うという斬新な方法が採用されていた。

 

キャプテン翼J 全国制覇への挑戦

 

f:id:taka19870704:20190224173949p:plain

 

メーカー バンダイ
発売日 1995年9月15日
価格 4,282円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

『キャプテン翼 J』のゲーム化第1弾作品。

これまでの”テクモ版”とは違い、通常のサッカーゲームのような作りになっている。

見せどころであるシュートシーンでは、迫力のある画面に切り替わるなど、『キャプテン翼J』の世界観を楽しめるようになっていた。

 

f:id:taka19870704:20190224175345p:plain

©キャプテン翼J 全国制覇への挑戦

 

試合は2Dフィールドで展開されるのだが、容量的に無理があったのかキャラクターがとんでもなくカクカク動き、完成度に疑問符が付くようなものになっていた。

そんなデキの悪さを隠すためなのか、ストーリーの他に、練習モード、対戦モード、PKモードと遊べる項目が充実している。

 

キン肉マン ザ・ドリームマッチ

 

f:id:taka19870704:20190224174240p:plain

 

メーカー  ユタカ
発売日 1992年9月12日
価格  3,568円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

『キン肉マン』を題材にした対戦プロレスアクションゲーム。

キン肉星王位争奪から数年後、超人たちの中で一番強い者を決める・・というストーリー。

原作に登場する全6キャラクターから好きなキャラクターを1体選び、試合に勝ち抜いていく。

プロレスゲームではあるもののフォールが存在せず、対戦相手の体力を0にすれば勝ちとなる。

 

f:id:taka19870704:20190224174303p:plain

©キン肉マン ザ・ドリームマッチ

 

各キャラクター必殺技デモが用意されているなど頑張ってはいたのだが、遊べるモードが2種類だけと少ない、キャラクターが少ない、技が少ない・・・と、長く遊べるようなゲームではなかった。

 

魁 !!男塾 冥凰島決戦

 

f:id:taka19870704:20190224174342p:plain

 

メーカー  ユタカ
発売日 1990年8月4日
価格  3,670円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

『魁 !!男塾』を題材とした対戦アクションゲーム。

原作の『天挑五輪大武會編』がメインとなっている。

原作に登場するキャラクターから好きなキャラクターを1体選び、対戦相手の体力を0にしたら勝ち、というもの。

 

f:id:taka19870704:20190224174325p:plain

©魁 !!男塾 冥凰島決戦

 

全13キャラクターと豊富ではあったが、顔グラフィックがないと誰が誰だかわからない酷さであった。

また、各キャラクターの動きや能力値にほとんど差異はなく、コンボやガードが存在しないため、武器のリーチの長さによってほぼほぼ勝負が決まるなど、対戦ゲームとしては遊べたものではなかった。

 

シャーマンキング 超・占事略決【メラメラ編/ふんばり編】

 

f:id:taka19870704:20190224174424p:plain
f:id:taka19870704:20190224174409p:plain

 

メーカー  キングレコード
発売日 2001年12月21日
価格 4,179円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

『シャーマンキング』を題材とした対戦カードゲーム。

プレイヤーは”シャーマン”となって、霊を召還して戦い、最強のプレイヤーを目指す。

実際に発売されていた『シャーマンキング』のトレーディングカードゲームをゲーム化させたもの。

ゲームボーイカラー専用ソフトとして”2バージョン”で発売された。

 

f:id:taka19870704:20190224174533p:plain

©シャーマンキング 超・占事略決

 

基本となるシャーマンカードの他にも、霊カード、巫術カード・・・等々、多種多様のカードが用意されており、奥深い戦略性が楽しめるカードゲームであった。

ゲーム内ではルールも丁寧に解説されており、もとのカードゲームのルールを知らなくとも、十分に楽しめ人気となった。

 

ジャングルの王者ターちゃん

 

f:id:taka19870704:20190224174611p:plain

 

メーカー バンダイ
発売日 1994年7月29日
価格 4,298円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

『ジャングルの王者ターちゃん』のゲーム化第1弾。

ターちゃんを操作し、全5ステージをクリアしていくアクションゲーム。

妻であるヂェーンに色々な指令を受けてストーリーを進めていく。

 

f:id:taka19870704:20190224174631p:plain

©ジャングルの王者ターちゃん

 

ゲームボーイのキャラゲーとしては意外にもしっかりと作られていて、トップビュー、サイドビューに切り替わって遊べる部分や、”ムササビ飛び”や”フニフニ避け”など、原作を再現したアクションも多数用意されていた。

原作の主要キャラクターも登場するため、原作ファンなら楽しめるゲームであった。

 

聖闘士セイントパラダイス 最強の戦士たち

 

f:id:taka19870704:20190224174653p:plain

 

メーカー バンダイ
発売日 1992年11月13日
価格 5,033円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

『聖闘士星矢』のカードダス版『セイントパラダイス』を元にしたロールプレイングゲーム。

銀河戦争編、十二宮編、ポセイドン編の全3章からなる物語をクリアしていく。

カードダスがもとになっていることもあり、一般的な”アイテム”が”カードダス”という表記になっている。

 

f:id:taka19870704:20190224174711p:plain

©聖闘士セイントパラダイス 最強の戦士たち

 

ストーリーはテレビアニメを忠実に再現しており、決して悪いものではなかった。

しかし、ザコ敵とのエンカウント率が異様に高いことや、ダンジョンが長い、原作の見どころである必殺技が弱い・・・と、コスモ愛がないと精神的にクリアするのが難しいゲームであった。

 

仙界異聞録 準提大戦 ~TVアニメーション 仙界伝封神演義より~

 

f:id:taka19870704:20190224174738p:plain

 

メーカー バンプレスト
発売日 2000年11月24日
価格 4,179円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

『封神演義』を題材としたシュミュレーションロールプレイングゲーム。

敵・味方が交互に行動をし、マップ上の敵を倒したらステージクリアというもの。

キャラクターの”すばやさ”によって行動順が決まる「アクティブターンシステム」が搭載されており、常に次の一手を考えて行動する戦略性が求められた。

 

f:id:taka19870704:20190224174753p:plain

©仙界異聞録 準提大戦

 

TVアニメのタイトルがついているが、漫画版の原作が基準になっており、仙界大戦の終盤からゲームが開始され、オリジナルストーリーへと展開されていく。

本編ではイベントが数多く用意されており、中には、原作では死亡してしまったキャラクターとの再会イベントもあるためファンから感動を得た。

 

SLAM DUNK がけっぷちの決勝リーグ

 

f:id:taka19870704:20190224174824p:plain

 

メーカー バンダイ
発売日 1994年8月11日
価格 4,173円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

『SLAM DUNK』を題材としたバスケットボールシュミュレーションゲーム。

対戦モードのほかに、”予選リーグからインターハイを目指す”ストーリーモードが用意されていた。

試合はコマンド選択式となっており、”パス””シュート”といったコマンドを選択し、試合を進めていく。

キャラクターのアニメーションが用意されて、『SLAM DUNK』の世界観を上手く再現していた。

 

f:id:taka19870704:20190224174840p:plain

©SLAM DUNK がけっぷちの決勝リーグ

 

高い戦略性を求められ、人気を得た一方で、シュミュレーションという形のためか、一試合一試合が長く、長時間の集中力を必要とするなかなか根気のいるゲームとなっていた。

 

 

 

 

ジャンプ

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • ジャンプノベル
  • その他の増刊号

 最新記事