日刊中年ジャンプ!

週刊少年ジャンプの”バックナンバー”は入手可能?その方法に迫る!

た、大変だ!大変だよー!

落ち着いて!まったく、一体どうしたのよ?

少年ジャンプを買い忘れちゃって、先週分が読めなかったんだよ!

やれやれだぜ・・・・。

あぁ、どうにかして、先週のジャンプを手に入れられないかなあ~。

 

f:id:taka19870704:20190209213453p:plain

 

基本的には、毎週月曜日に発売されている『週刊少年ジャンプ』

毎週のことながら、中には、忙しさのあまり『先週号を買い忘れた!』という方や、『2か月前のジャンプが読みたい』という方も少なからずいることだろう。

一昔前ならば、小さな商店や本屋の物陰に売れ残った分が置いてあったものだが、現在ではそうもいかず・・・。

では、どうにか”週刊少年ジャンプのバックナンバー”を手に入れることはできないのだろうか?

 

今回は、そんな”週刊少年ジャンプのバックナンバー”に関するお話。

 

 

 

 

※正規ルート、新品のものに限る

 

 

そもそも売れ残ったジャンプはどうなるの?

 

そもそも”売れ残ったジャンプ”はどうなるんだろう・・・。

そうね、まずはそこから話しましょう!

 

本屋やコンビニなどで、毎週発売される週刊少年ジャンプ。

もちろん仕入れした分が全部売り切れるならば良いだろうが、そんな上手く売り切れるわけもなく。

果たして、売れ残ったジャンプはどうなるのだろう?

 

わかった!売れ残ったら店員がもらえるんだ!

んなわけないでしょ!!

 

そう、”売れ残った分は店員が貰える”などということは一般的にはありない。

売れ残った週刊誌や月刊誌といったものは、通称”雑誌抜き”と呼ばれる作業によって、基本的に次号の発売日の前日~夕方から売り場から外され、返品されることになっている。

そして、最終的に出版社へと返品された雑誌は、断裁処分されリサイクルされているようだ。

 

f:id:taka19870704:20190209201441p:plain

イメージ

 

なるほど、返品することで本屋やコンビニでは損失にならないんだね・・・。

そう、それなら売れるかわからないものを置いておくより、返品したほうがいいでしょ?

つまり、本屋やコンビニでの入手は不可能と・・・。

 

『集英社』から入手することは可能?

 

そうだ!それじゃあ『集英社』なら・・!

う~ん、果たしてどうかしらね。

 

週刊少年ジャンプを発行している『集英社』

集英社の公式ページを下に見ていくと、確かに『バックナンバー』という項目が存在している。

ここでは、『集英社』が発行している特定の雑誌のバックナンバーを取り寄せることができるのだが・・・。

 

f:id:taka19870704:20190209214203p:plain

 
 

バックナンバーをクリックすると、取り寄せできる雑誌が一覧で表示される。

 

f:id:taka19870704:20190209214242p:plain

 

しかし残念ながら、『週刊少年ジャンプ』という項目は存在していないようだ。

つまり、いくら発行もとの『集英社』からとはいえ、バックナンバーを直接入手することは不可能なのである。

取り扱っていない理由としては『毎週発売する雑誌のため、保管スペースの確保が難しい』『長期保存が難しい紙を使用しているため、保管に向いていない』・・などなどだろう。

 

 

どうにか入手できないの??

 

ううーん、どうにかして入手できないのかなあ。

まあ、方法はあるっちゃあるけど・・・。

 

入手する方法のひとつとしては『amazon』などの本を扱う通販サイトだろう。

特にamazonでは、数年前までは扱っていなかったのだが、最近になり『週刊少年ジャンプ』の扱いを始めた。

通販サイトは本屋やコンビニと違って、在庫”売り切り”のためか、在庫がある限り2、3週前までのものならば、新品で売られていることが多い。

 

f:id:taka19870704:20190209213847p:plain

 

 

なるほど、先週までくらいのだったらamazonを使えばいいのか!

でも、転売されていたり、古本が出ている場合があるから、よく確認してから注文してね!

 

 

もっと前のバックナンバーが欲しい!

 

先週とかではなく、もっとの昔のバックナンバーは入手できないかなあ・・・。

”雑誌”としては無理だけど、実は”ある方法”があるのよ!

 

古本でも良ければ専門の古本屋やオークションサイトを使えば、確実に手に入ることだろう。

しかし、昔のジャンプで、なおかつ”新品”のもの・・・となるとかなり難しい話である。

 

だが、現在、”電子書籍”であるならば、限られたバックナンバーであるものの、正式な方法で読むことが可能となっている。

それは、週刊少年ジャンプが行っている電子書籍サービスである『ジャンプ+』を利用すること。

 

ジャンプ+
ジャンプ+
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

『ジャンプ+』では、毎週最新号の電子版を配信しているのだが、過去に電子版で配信したものを『バックナンバー』としても管理しており、そちらから読むことが可能だ

(ただし、読むにはもちろん”1冊250円”が必要となるので注意)

ちなみに現在では、『2014年27号~最新号』まで、およそ5年分のバックナンバーが読むことができる。

 

f:id:taka19870704:20190209214622p:plain

 

最新号のページから下にスクロールしていくと、『バックナンバー』が出てくる。

 

f:id:taka19870704:20190209214706p:plain

 

 そのまま下にスクロールしていくと、過去のバックナンバーが次々と表示されていく。

 

f:id:taka19870704:20190209214726p:plain

 

1冊ずつの料金はかかるものの2019年現在、「2014年27号」から読むことが可能である。

よほどのジャンプマニアでない限り、これだけあれば十分な量であろう。

 

つまり、今回のことをまとめると『週刊少年ジャンプのバックナンバーは雑誌としての入手は難しいが、電子版でなら2014年27号から読むことが可能』ということだ。

 

古くても2014年からか・・・。

もしかしたら、今後、もっと昔のも配信されるかもよ?それに期待しましょ!

 

 

最後に・・・

 

以上、『週刊少年ジャンプのバックナンバー』についてであった。

 

昔は集英社から取り寄せられた気もしないでもないのだが、現在では取り寄せることはできないようであった。

週刊少年ジャンプのバックナンバーの配信は面白いと思うので、『1980年代~1990年代』辺りのものを、電子版で配信して欲しいものである。

権利の都合であったり、広告などの関係上なかなか難しい問題ではあるのだろうけど、集英社には是非とも挑戦して欲しいことのひとつだ。

 

 

 

ジャンプ

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • ジャンプノベル
  • その他の増刊号

 最新記事