日刊中年ジャンプ!

週刊少年ジャンプのゲームを振り返る【PCエンジン編】 その① 最終回

今回から、”週刊少年ジャンプのゲームを振り返る【PCエンジン編】”が始まります。

”PCエンジン”なんて、今の若い人は知らないでしょうね。

当時は、すごい高性能のゲーム機だったよねえ。

容量のおかげもあってか、フルボイス仕様のゲームが多かったわね。

ちなみに、数が少ないので、その①にして最終回です。

 

 

 

 

 

 週刊少年ジャンプのゲームを振り返る【PCエンジン編】 その①

 

コブラ 黒竜王の伝説 

 

f:id:taka19870704:20190203144724j:plain

 

メーカー ハドソン
発売日 1989年3月30日
価格 6,279円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

原作『コブラ』の”黒竜王”編のストーリーをベースにしたコマンド選択式のアドベンチャーゲーム。

CD-ROMの容量を活かし、大量のアニメーションや声優による音声を楽しめた。

ジャンルはアドベンチャーだが、基本的にはストーリーを楽しむ内容となっており、必要なときのみにコマンド選択が表示される作りになっていて、”デジタルコミック”とも呼ばれていた。

 

f:id:taka19870704:20190203154906j:plain

©コブラ 黒竜王の伝説

 

用意されている選択コマンドはかなりの量となっており、一筋縄ではいかない難易度なことや、原作の雰囲気を上手く再現しているなど評価が高いゲームである。

 

 

コブラII 伝説の男 

 

f:id:taka19870704:20190204005432j:plain

 

メーカー ハドソン
発売日 1991年6月7日
価格 6,825円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

前作『コブラ 黒竜王の伝説』の続編。

前作同様のコマンド選択式のアドベンチャーゲームであったが、今作は作者の寺沢武一が自ら総監督を務め、脚本と500枚の絵コンテ、3000枚の原画を書き下ろすといった力の入れようであった。 

 

f:id:taka19870704:20190203155030j:plain

©コブラII 伝説の男 

 

寺沢武一が参加したこともあり、今作も高い評価を受けていたのだが、売り上げは伸びず、10万本に届かなかった。

 

 

CITY HUNTER シティーハンター

 

f:id:taka19870704:20190203144818j:plain

 

メーカー サンソフト
発売日 1990年3月2日
価格 6,615円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

主人公・冴羽リョウを操作して、ステージをクリアしていくという横スクロールアクション。

操作は銃攻撃、ジャンプだけのシンプルなものであった。

意外にも『シティーハンター』単体としてのゲームは、現在までこの作品のみとなっている。

 

f:id:taka19870704:20190203155250j:plain

©CITY HUNTER シティーハンター

 

「女の子が着替えている部屋があり、そこに入ると体力が全回復する」といった原作の楽しさを取り入れた要素もあったが、ステージはすべて単調、原作の世界観を無視した敵、全4ステージとボリュームが少ない・・・などなど評判は良くないゲームである。

 

 

天地を喰らう

 

f:id:taka19870704:20190203144840j:plain

 

メーカー  NECアベニュー
発売日 1994年6月17日
価格 8,424円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

1989年に稼働が開始したアーケード版をPCエンジン用に移植したもの。

原作に登場するキャラクターを操作して、ステージをクリアしていくベルトスクロール型ゲームであった。

 

f:id:taka19870704:20190203155352j:plain

©天地を喰らう

 

ハードの性能上、アーケード版に比べると劣化している部分が多かったが、それを補うかのように、PCエンジン版のキャラクターボイスには声優が起用されている、といった追加要素がいくつか用意されていた。

 

 

ドラゴンボールZ 偉大なる孫悟空伝説

 

f:id:taka19870704:20190203144858j:plain

 

メーカー バンダイ
発売日 1994年11月11日
価格 9,240円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

『ドラゴンボール』シリーズを題材にした格闘アクションゲーム。

父親である悟空を知らない悟天のために悟飯が”悟空がどういう人物だったのか”を回想していく、という形で幼少期~セル編までのストーリーが展開される。

 

f:id:taka19870704:20190203161101j:plain

©ドラゴンボールZ 偉大なる孫悟空伝説

 

プレイヤー自身でコマンド入力を必要とする対戦格闘ゲームが流行っている中、ゲームは半オートで、「攻撃」「防御」といったコントローラーパネルを使ってバトルを繰り広げていくという、変わった形式の格闘ゲームであった。

また、CD-ROMの容量を活かし、アニメの声優を使ったフルボイス仕様となっている。

 

 

幽☆遊☆白書 闇勝負 !!暗黒武術会

 

f:id:taka19870704:20190203144918j:plain

 

メーカー バンプレスト
発売日 1993年9月30日
価格 9,240円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

画面に表示されている対戦相手にカーソルを合わせて攻撃を当てるという、ガンシューティングタイプのゲーム。

アニメと同じ声優を起用しての完全フルボイスとなっている。

「暗黒武術会にて決勝まで進んだ幽助率いる浦飯チーム5人が、かつて戦った協力者達と一緒に戦闘特訓を行い、決勝戦の相手である戸愚呂チームに戦いを挑む」といった内容でゲームは進んでいく。

 

f:id:taka19870704:20190203161512j:plain

©幽☆遊☆白書 闇勝負 !!暗黒武術会

 

「幽☆遊☆白書」を題材としたガンシューティングという異色なタイプのゲームであったが、難易度が非常に高い、操作性が悪い、ストーリー性がない、など数々の問題を抱えたゲームだった。

 

 

 

 

ジャンプ

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • ジャンプノベル
  • その他の増刊号

 最新記事