日刊中年ジャンプ!

週刊少年ジャンプのゲームを振り返る【ファミコン編】 その②

今回は、”週刊少年ジャンプのゲームを振り返る【ファミコン編】その②”です。

今回はほぼ「ドラゴンボール」だけ!

毎年、シリーズの続編が出るって今では考えられないね。

続編に4、5年待つような時代になってしまったからねえ

そのうち、当たり前に10年とか待つレベルになりそう・・・。

 

 

 

 

 

 週刊少年ジャンプのゲームを振り返る【ファミコン編】 その②

 

天地を喰らう II~諸葛孔明伝~

 

f:id:taka19870704:20190126130611j:plain

 

メーカー カプコン
発売日 1991年4月9日
価格 9,180円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

前作、「天地を喰らう」の続編でロールプレイングゲームとなっている。

後漢末期(今から1800年程前の中国の王朝)、黄巾賊の乱によって荒廃した世の中を救う為、前漢景帝の血を引く劉備玄徳と、いずれ劣らぬ猛将、関羽、張飛の3人は桃園で義兄弟の誓いを立て(桃園の誓い)、黄巾賊討伐に立ち上がる、というストーリー。

ゲームシステムは前作を踏襲しているが、「兵糧」個性的なシステムが廃止・変更され、より遊びやすくなっていた。

 

f:id:taka19870704:20190126173049j:plain

©ファミコン「天地を喰らう II~諸葛孔明伝~」

 

ゲーム中、「Ⅲ」の発売を匂わせるキャラクターのセリフがあったものの、続編が作られることはなかった。

 

 

ドラゴンボール 神龍の謎

 

f:id:taka19870704:20190126130639j:plain

 

メーカー バンダイ
発売日 1986年11月27日
価格
5,724円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

鳥山明の名作「ドラゴンボール」の記念すべきファミコン第1弾。

主人公・孫悟空を操作し、アクションマップ上の敵キャラクターを倒しながら進んでいく、アクションゲーム。

途中、謎解きやパズルなども用意されていた。

”体力が自動的に減る”という謎のシステムを採用し、そのうえアイテムがランダムということもあって、回復アイテムが出ないと”ゲームオーバー”になるなど、理不尽であった。

難易度が非常に高いゲームとして有名。

 

f:id:taka19870704:20190126172456j:plain

©ファミコン「ドラゴンボール 神龍の謎」

 

100万本以上を売り上げたようだが、あまりにも低いクオリティにより、評価はドラゴンボールのゲーム史上、一番と言っていいほど悪い。

 

 

ドラゴンボール 大魔王復活

 

f:id:taka19870704:20190126130709j:plain

 

メーカー バンダイ
発売日 1988年8月12日
価格 6,264円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

前作の”アクション”からゲームシステムを大きくかえ、星や漢数字が書かれた手持ちのカードを使用してステージの移動やバトルを繰り広げていくという、ロールプレイングゲームとなった。

好評だったのか、その後のシリーズもこのシステムが使用されている。

 

f:id:taka19870704:20190126173351j:plain

©ファミコン「ドラゴンボール 大魔王復活」

 

ピッコロ大魔王を倒すことが目的となっているが、ストーリーが大幅にアレンジ、敵キャラはゲームオリジナル。

また、選択を間違えると”即死”するといった罠も多い。

 

 

ドラゴンボール3 悟空伝

 

f:id:taka19870704:20190126131610j:plain

 

メーカー バンダイ
発売日 1989年10月27日
価格 7,344円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

前作同様、星や漢数字が書かれた手持ちのカードを使用してステージの移動やバトルを繰り広げていくという、ロールプレイングゲーム。

原作の序盤から第二十三回天下一武道会までのストーリーが描かれているが、大幅にアレンジされ、ゲームオリジナルとなっている部分が多い。

 

f:id:taka19870704:20190126173438j:plain

©ファミコン「ドラゴンボール3 悟空伝」

 

2003年にはワンダースワンカラー専用ソフトとしてリメイクされ、原作に近いストーリーに変更、グラフィックが追加、難易度の引き下げなど、当時のものより楽しめるようになって発売された。

 

 

ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人

 

f:id:taka19870704:20190126131631j:plain

 

メーカー バンダイ
発売日 1990年10月27日
価格 8,424円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

星や漢数字が書かれた手持ちのカードを使用してステージの移動やバトルを繰り広げていくという、シリーズ共通のシステムを用いたロールプレイングゲーム。

「ドラゴンボールZ」としては、ゲーム化第1弾となる。

今作から主人公・悟空以外の仲間キャラが使用できたり、特定キャラのレベルアップなど育成要素が追加された。

 

ストーリーは原作のサイヤ人編をもとに作られているが、アニメオリジナルキャラや劇場版の敵キャラクターも多数登場している。

 

f:id:taka19870704:20190126172633j:plain

©ファミコン「ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人」

 

今作よりパスワード不要のセーブ機能の追加されたことや、難易度のバランス、レベル上げ要素・・等々、シリーズの中でも評価が高いゲームである。

 

 

ドラゴンボールZ II 激神フリーザ‼

 

f:id:taka19870704:20190126133502j:plain

 

メーカー バンダイ
発売日 1991年8月10日
価格 8,856円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

星や漢数字が書かれた手持ちのカードを使用してステージの移動やバトルを繰り広げていくという、シリーズ共通のシステムを用いたロールプレイングゲーム。

必殺技使用時のカット、複数攻撃、オートバトルといった前回までなかったシステムの追加により、テンポが上がり、遊びやすくなっている。

 

フリーザ編をもとに作られているが、原作では死亡していたヤムチャ、天津飯、餃子が参加していたり、サイヤ人が登場しないなど、アレンジが加えられている。

 

f:id:taka19870704:20190126173950j:plain

©ファミコン「ドラゴンボールZ II 激神フリーザ‼」

 

当時、イベント限定で極少数が入手できたゴールデンカートリッジ版が存在し、2015年にはオークションサイトで100万円近い値段で取引され、話題となった。

 

 

ドラゴンボールZ III 烈戦人造人間

 

f:id:taka19870704:20190126134429j:plain

 

メーカー バンダイ
発売日 1992年8月7日
価格 8,424円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

星や漢数字が書かれた手持ちのカードを使用してステージの移動やバトルを繰り広げていくという、シリーズ共通のシステムを用いたロールプレイングゲーム。

さらなるテンポアップのため、今作より2Dバトル、3Dバトルに戦闘が分かれ、簡略化。

それに伴い、アイテムカードも大幅削減された。

 

フリーザ編終盤から人造人間編までをもとに作られていたが、原作に追いついてしまったために、セルが登場する辺りの中途半端な部分でゲームはエンディングとなっている。

また、劇場版からはクウラが登場。

 

f:id:taka19870704:20190126174240j:plain

©ファミコン「ドラゴンボールZ III 烈戦人造人間」

 

ストーリーが短いことや中途半端な部分での終了、そして、ドラゴンボールの醍醐味でもあった戦闘シーンを高速化、簡略化してしままったため、ファンには物足りない仕上がりとなってしまった。

 

 

ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画

 

f:id:taka19870704:20190126134449j:plain

 

メーカー バンダイ
発売日 1993年8月6日
価格 8,424円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

星や漢数字が書かれた手持ちのカードを使用してステージの移動やバトルを繰り広げていくという、シリーズ共通のシステムを用いたロールプレイングゲーム。

今作では、カードを組み合わせる”アレンジメントシステム”が追加、レベル概念が廃止され、イベントを進めていくことでキャラクターが強化されていくシステムとなっている。

 

ゲームのドラゴンボールシリーズでは初の”完全オリジナルストーリー”。

サイヤ人絶滅を企む、ツフル人・ドクターライチーとの闘いを描いている。

 

f:id:taka19870704:20190126174608j:plain

©ファミコン「ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画」

 

このゲームがもととなり、後に「ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画」のアニメが制作された。

 

 

ドラゴンボールZ 激闘天下一武道会

 

f:id:taka19870704:20190126134504j:plain

 

メーカー バンダイ
発売日 1992年12月29日
価格 9,180円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

ファミコンに装着し、バーコードを読み取って遊べるという”データック”の専用ゲームの第一弾。

専用のキャラクターカードとアイテムカードを読み取り、対戦相手と戦うという、対戦アクションゲーム。

 

f:id:taka19870704:20190126172809j:plain

©ファミコン「ドラゴンボールZ 激闘天下一武道会」

 

ファミコン末期での登場ということもあり、あまり知られていないが、バーコードを使用した面白さ、セル、フリーザ、人造人間、サイバイマンなど使用キャラクターが多い事や、ドラゴンボール特有の空中戦が楽しめる・・・など、隠れた名作との声もある。

 

システム面など評価が高いゲーム。

後半に進むにつれ、それまで忠実であった原作からの流れを省いたり、オリジナルの武将が出てきたりするといったゲームならではの面白さも。

 

 

 

ジャンプ

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • ジャンプノベル
  • その他の増刊号

 最新記事