日刊中年ジャンプ!

【1970年~1979年】週刊少年ジャンプ連載作品を振り返る その①

今回から、”1970年~1979年のジャンプ連載作品を振り返る”が始まります。

小室先生の「ワースト」は、いつかじっくりと語りたい名作ね。

”ゾンビ漫画”の先駆け的な作品なのかもね・・・。

そのあと、”学園心霊”漫画描いたり、なんか時代の先をいってた人だったなあ。

集英社とのいざこざがなかったら、とんでもない漫画描いてたかもね。

 

 

 

 

 

 1970年~1979年週刊少年ジャンプの連載作品 その①

 

アニマル球場

 

f:id:taka19870704:20190124152554p:plain

 

作者 眉月はるな
連載期間 1970年1号~1970年13号
巻数 全2巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

巨人軍の選手だった大乃木は、試合中に受けたデッドボールによって片目を失明し、野球生命を絶たれてしまう。

さらに球団の冷酷な態度に怒りを覚え、巨人軍に勝てるチームを作って復讐する事を誓い、選手を集めるべく全国を放浪するのであった。

 

球場に”野生動物の群れの幻影が現れるシーン”は必見ね!

すごい”狂気に満ちた漫画”だと思うのは僕だけかな・・・。

 

 

ヌスット

 

f:id:taka19870704:20181208162530p:plain

 

作者 叶バンチョウ
連載期間 1970年4・5号~1970年38号
巻数 全-巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

単行本未発売

 

 

かさね

 

f:id:taka19870704:20181208162530p:plain

 

作者 池上遼一
連載期間 1970年6号~1970年11号
巻数 全-巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

単行本未発売

 

 

シベリアの牙

 

f:id:taka19870704:20181208162530p:plain

 

作者 池内誠一
連載期間 1970年7号~1970年16号
巻数 全-巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

単行本未発売

 

 

おれはゲバ鉄!

 

f:id:taka19870704:20190124152737p:plain

 

作者 赤塚不二夫
連載期間 1970年8号~1970年33号
巻数 全2巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

母が、そして父が、突然家出!

たった一人残された少年・鉄の運命は!?

忍び込んできた泥棒が、あたたかい心をもっていたり、自分を引き取ってくれた寺の和尚が意地悪だったり……多くの苦難にさらされながらも、鉄は強く生き抜く!

 

この頃は「おそ松くん」「天才バカボン」をヒットさせて、超売れっ子だったのよね。

何本も掛け持ちしてたようだけど、どんなスケジュールで動いてたことやら・・・。

 

 

突撃ラーメン

 

f:id:taka19870704:20190124152823p:plain

 

作者 望月三起也
連載期間 1970年10号~1970年22号
巻数 全2巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

人気スター・鮎沢錦(あゆざわ・にしき)は、テレビのスタジオで腹を空かせた子ども達と出会う。

その後、5年前は大スターだったがすっかり落ちぶれた岸波六(きし・なみろく)が子ども達の父親だと知った鮎沢は、人気俳優“泣かせのターベ”にからかわれた波六を殴り飛ばし・・・!?

 

 

望月先生と言えば「ワイルド7」のイメージしかないけど、こんなのも描いてたのね~

どうでもいいけど、ここ数年「ワイルド7」関連の本を乱発しすぎじゃない・・?

 

 

ワースト

 

f:id:taka19870704:20190124153158p:plain

 

作者 小室孝太郎
連載期間 1970年11号~1971年34号
巻数 全4巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

不良少年・カミソリ鋭二は、ある日、本能的な危険を感じ、廃倉庫の地下室に立て篭もる。

そして長い雨が降り終わった後に外に出た彼が見たものは、無人の街。

そして人間の死体から誕生し、殺してもバラバラにしても再生する夜行性の「最悪の生き物」=ワーストマンたちだった。

 

 

”謎めいたラスト”は、小室先生の才能を感じさせるわね・・。

手塚治虫イズムをすごく感じる素晴らしい構成力の漫画だね。

 

 

暗黒列島

 

f:id:taka19870704:20181208162530p:plain

 

作者 旭丘光志
連載期間 1970年12号~1970年14号
巻数 全-巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

単行本未発売

 

 

あらし!三匹

 

f:id:taka19870704:20190124153222p:plain

 

作者 池沢さとし
連載期間 1970年13号~1973年23号
巻数 全16巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

サルビア学園に、外国からの転校生ロック梅里がやってくることになった。

学校に来るなり先生をナンパしだすロックに、柔道の達人で番長の殿山大介は、早速因縁をつけ、ロックをコテンパンにしてしまう。

悔しさのあまりロックは、再戦のために柔道を習い始め・・・。

 

何かを悟ったのか、途中から恋愛漫画に路線変更するのよね。

まあ、画力的にもシリアスな話かける人ではないですからね・・・。

 

 

千年王国

 

f:id:taka19870704:20190124153304p:plain

 

作者 水木しげる
連載期間 1970年14号~1970年43号
巻数 全3巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

人類が平等に幸せな生活ができる理想社会『千年王国』

そんな地上に人類のユートピアを実現すべく、途方もない頭脳の持ち主・悪魔君が、知力と魔力の限りを尽して闘う壮大な物語。

 

 

前作が他社で打ち切られちゃって、これはその結末を描いたリニューアル版みたいな感じなのよね。

「悪魔くん」は、その後も息の長い作品だったね。

 

 

涙の逆転ホーマー

 

f:id:taka19870704:20181208162530p:plain

 

作者 眉月はるな
連載期間 1970年16号~1970年18号
巻数 全-巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

単行本未発売

 

 

ケッパレ!太田投手

 

f:id:taka19870704:20181208162530p:plain

 

作者 水島新司/五十嵐幸吉/夏木信夫
連載期間 1970年18号~1970年27号
巻数 全-巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

単行本未発売

 

 

1970たぎり

 

f:id:taka19870704:20181208162530p:plain

 

作者 南波健二/さわきかえ
連載期間 1970年19号~1970年35号
巻数 全-巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

単行本未発売

 

 

人生二勝一敗

 

f:id:taka19870704:20181208162530p:plain

 

作者 聖日出夫/梶原一騎
連載期間 1970年20号~1971年13号
巻数 全-巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

単行本未発売

 

 

球速0.25秒!

 

f:id:taka19870704:20190124153348p:plain

 

作者 眉月はるな/遠崎史朗
連載期間 1970年21号~1970年30号
巻数 全1巻

f:id:taka19870704:20190125193447p:plain

高校野球大会の決勝で相手打者にデッドボールをぶつけて左目を失明させた投手・兵頭。

そのことがきっかけで、野球を離れ不良になってしまうが、「バッテリー間18.44mを0.3秒で投げたボブ・フェラー」の記録を破る”0.25秒”で投げることを目指し、徐々に再起していくのであった。

 

これも落ちぶれものね・・・。

”一回落ちぶれてから再起”って、この頃のスポーツ漫画の定番だね。

 

 

 

ジャンプ

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • ジャンプノベル
  • その他の増刊号

 最新記事