日刊中年ジャンプ!

ボクは影だ・・・『黒子のバスケ』【3分でわかる!ジャンプ漫画レビュー】

 

  

 

f:id:taka19870704:20181228014240j:plain f:id:taka19870704:20190119232929p:plain



火神大我が入学先の誠凛高校バスケ部で出会ったのは、黒子テツヤという超地味な少年

存在感も無さ過ぎる黒子に幻滅する火神だったが、実は彼は「キセキの世代」と言われた伝説の最強チームのメンバー。

あるとき、ついに黒子の”本当の力”が発揮され、一同は驚愕するのであった。

黒子の本当の力とは一体・・・。

高校バスケットボールの頂点を目指す少年たちの熱き青春スポーツ漫画である。

 

f:id:taka19870704:20181228014309j:plain

©黒子のバスケ

 

『黒子のバスケ』とは

 

週刊少年ジャンプ2009年2号から2014年40号まで連載していたバスケットボール漫画。

作者は藤巻忠俊、単行本は全30巻となっている。

女性読者を中心に人気となり、2012年からは3期に渡りTVアニメ化。

本誌完結後は、物語の後日談である「黒子のバスケ EXTRA GAME」の連載が「ジャンプNEXT!!」にて連載された。

 

『少年ジャンプ+』で読める!

 

ジャンプ+
ジャンプ+
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ

「少年ジャンプ+」は、その名の通り週刊少年ジャンプの”過去の名作”から”最新の作品”までが楽しめる集英社のマンガアプリ。

さらには、ここでしか読めないオリジナル連載漫画も。

基本1~3話程度は無料、4話以降は有料となっているが、毎日ログインをすることでポイントを貯めれば、その続きをポイントを使用することで「無料」で読むことも可能となっている。

アプリはiOS版、android版ともに絶賛配信中である。

 

ここがオススメ!

 

キセキの世代

部員数は100を超え全中3連覇を誇る超強豪校・帝光中学校バスケットボール部。

その輝かしい歴史の中でも特に「最強」と呼ばれ、無敗を誇った10年に1人の天才が5人同時に所属していた”世代”が存在していた。

その世代は「キセキの世代」と呼ばれ、全国に名を轟かせていたのである。

 

しかし、「キセキの世代」には奇妙な噂があった。
誰も知らない、試合記録も無い、にもかかわらず、天才5人が一目置いていた選手がもう1人、「幻の6人目」がいたというのだ。

 

f:id:taka19870704:20181228144410j:plain

©黒子のバスケ

 

アメリカ帰りの大型新人・火神 大我

創立2年目の誠凛高校バスケットボール部。

「全国制覇」を目標に掲げ、去年は主将も含め全員1年生ながらインターハイ都予選決勝リーグにまで出場していた。

全国制覇をするには、有望な選手の入部が必須・・・。

そんな誠凛高校バスケットボール部に一人の新人がやってきた。

 

f:id:taka19870704:20181228154359j:plain

©黒子のバスケ

彼の名前は、火神大我。

大我は、アメリカ帰りの大柄な体格、さらには非凡なバスケットボールのセンスを持つ、実力者であったのだ。

 

f:id:taka19870704:20181228154331j:plain

©黒子のバスケ

 

キセキの世代・黒子 テツヤ

入部をした実力者は大我だけではなかった。

あの”帝光中学校バスケットボール部”に所属し、「キセキの世代」と呼ばれたメンバーだった黒子テツヤもなんと誠凛高校バスケットボール部に入部したのだ。

 

しかし、黒子は普段から、眼前の相手にも気付かれないほど極端に影が薄く、無表情で自己主張も控えめ、そして、体も小柄・・と、とてもあの「キセキの世代」のメンバーだとは信じられないほど。

大我は、さっそく黒子の実力を知るため、1on1での勝負を挑むが、黒子は絶望的なほど弱かったのだった・・・。

果たして、黒子は本当に「キセキの世代」のメンバーだったのだろうか?

 

f:id:taka19870704:20181228155926j:plain

©黒子のバスケ

 

黒子の隠された”実力”・・・!

そんな黒子に失望した大我であったが、ある日、1年生vs2年生のミニゲームが組まれた。

そして、そこでついに”黒子の隠されていた実力”が発揮されたのであった。

黒子は、身体能力は低く、技術に関してもすべての面で未熟であったが、並外れた観察眼と存在感の薄さを活かし、「視線誘導」によって相手のマークを外し、華麗なスティールとパスワークでチームを得点に導く・・いわばパス回しに特化した”影”で活躍する選手だったのだ。

その姿は、まさに誰もが認める「キセキの世代、幻の6人目」であった。

 

f:id:taka19870704:20181228162721j:plain

©黒子のバスケ

 

黒子が確実にパスを回し、大我が確実にシュートを決める・・・。

こうして、”光”の大我、”影”の黒子の即戦力が揃った誠凛高校バスケットボール部は全国制覇に向け、動き出したのである。

 

f:id:taka19870704:20181228162901j:plain

©黒子のバスケ

 

しかし、キセキの世代は黒子の以外にあと5人・・・。

しかも、それぞれ全員が違う強豪校へと進学したようだ。

果たして、その5人の天才たちを倒し、日本一に輝けるのだろうか?

黒子と大我の「キセキの世代を倒して日本一」という大きな野望が始まったのであった。

 

 

最後に・・・

 

以上、『黒子のバスケ』のレビューであった。

 

「スラムダンク」以来、ヒット作が出ずにジャンプでは「鬼門」とされていたバスケ漫画であったが、見事に大ヒットとなった。

スラムダンクが正統派バスケ漫画であるならば、こちらは”技術”という個々の能力のようなものがあったりしたので、より少年誌寄りだったと思う。

そういった意味では、上手く差別化ができていたのだろう。

 

”存在感の薄い主人公”という設定は、さすがに無理があったのか、致命的だと思ったのか、最初から計画していたのかはわからないが、この設定が徐々に強調されなくなっていき、次第にシュート能力まで身に付けるようになっていくのは、なんだか面白かった。

 

 

 

ジャンプ

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • その他の増刊号

 最新記事