日刊中年ジャンプ!

新連載『ne0:lation ネオレイション』ってどんな漫画?あらすじを紹介

 

 

 

f:id:taka19870704:20181211125312j:plain




父の遺した借金の取り立てに苦しむ苦学生・薬袋大悟の前に突然現れた少年は自称・IQ191の天才ハッカー・尾根新太。

新太は様々なハッキングを利用し、借金取りの悪行から大悟を助けてくれるのだが・・・。

偉そうで、生意気なこの少年との出会いが、大悟の人生を大きく変えることになるのであった。

 

f:id:taka19870704:20181211125504j:plain

©ne0:lation

 

 

『ne0:lation ネオレイション』とは

 

週刊少年ジャンプ2019年2号から連載しているハッキングアクション漫画。

原作を平尾友秀、漫画を依田瑞稀が担当している。

2016年にはこのコンビで描いた漫画『Legacy』が金未来杯にエントリーされた。

 

ここがオススメ!

 

苦学生・薬袋大悟(みない だいご)

両親が借金を残して死んでしまったため、姉と二人、共に仕事をして借金を返済する日々を過ごしている薬袋大悟。

ある日、バイト先である飲食店に借金取りがやってきた。

借金取りの悪態に思わず手が出そうになる大悟だったが、暴力を振るったら学校の退学は免れない・・・。

 

そのとき、一人の少年が現れたのだった。

 

f:id:taka19870704:20181211133916j:plain

©ne0:lation

 

IQ191の天才ハッカー・尾根新太(ねお あらた)

少年の名前は尾根新太。

自称・「IQ191の天才ハッカー」である。

偉そうで、生意気な新太であったが、巧みな頭脳(?)を使い、まんまと借金取りを退散させたのであった。

しかし、このとき大悟は新太にどこか”恐ろしさ”を感じたのだった。

 

f:id:taka19870704:20181211134957j:plain

©ne0:lation

 

IQ191の天才ハッカーの”恐るべき力”

その後、今まで以上の金額を取り立てるべく、借金取りの悪だくみにハマってしまった大悟。

もはや絶体絶命かと思いきや・・・またしても大悟の前に”尾根新太”が現れた。

新太は得意の”ハッキング”を使い、借金取りの悪だくみをすべて暴くのであった。

 

f:id:taka19870704:20181211141109j:plain

©ne0:lation

 

さらに、そのハッキングは”悪巧み”を暴くだけではなく、なんと”相手を燃やす力”まで秘めていたのであった・・・。

そう、まさに新太の姿は”魔法使い”のようだった・・。

 

f:id:taka19870704:20181211141417j:plain

©ne0:lation


果たして、IQ191の天才ハッカー・尾根新太がこの街にやってきた理由とは?

そして、なぜ、街に潜む悪党を退治するのか・・・?

 

こうして、キーを叩いて世界を征す、ウィザード級少年のハッキングストーリーが始まったのであった。

 

 

最後に・・・

 

以上、『ne0:lation ネオレイション』のレビューであった。

 

”ハッカー”を題材にした如何にも現代社会っぽい漫画であった。

 

いやー全部丸く収まって良かった!と思えないまとまり方だった。

大悟は途中ハメられたとはいえ、もともと両親の借金はちゃんとした借金のようなので、結果的に踏み倒しのようになったのはどうなのだろうか。

「ハッキングをしても僕らは未成年だから大した罪にはらないよ」といった言葉も引っかかった。

大人はその言葉が大嫌いである。

主人公の生意気な部分を強調させたかった、ダークヒーロー的なポジションだから・・というのはあるのかもしれないが、1話目の時点で好感の持てない主人公であったことは間違いない。

 

自分の中で、ハッカーというと「なんでも都合よく解決する」という海外映画のイメージがあるので、今後、起こるであろう困難な展開も「そうは言っても、どうせ都合よく解決できるんでしょ?」と、思うと物語にハラハラ感、ドキドキ感を感じるのは難しそうに思えた。

 

さらには、”盗聴”やら”位置情報”やら”書き換え”やら、1話目でハッカーネタが色々と登場していたが、ハッカーというネタにこれ以上のバリエーションがあるのだろうか・・・などなど、色々と不安に思えた1話目であった。

 

 

 

ジャンプ

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • ジャンプノベル
  • その他の増刊号

 最新記事