日刊中年ジャンプ!

憧れは”小さな巨人”!『ハイキュー!!』【3分でわかる!ジャンプ漫画レビュー】

 

 

 

f:id:taka19870704:20181209153205j:plain f:id:taka19870704:20190120000321p:plain




「おれは飛べる!!」

小柄ながらバレーボールに魅せられ、中学最初で最後の公式戦に臨んだ日向翔陽。

だが、「コート上の王様」と異名を取る天才選手・影山に惨敗してしまう。

リベンジを誓い烏野高校バレー部の門を叩く日向だが・・・。

バレーボールを通じ、成長していく主人公・日向翔陽たちの成長を描いた青春バレーボール物語。

 

f:id:taka19870704:20181209154827j:plain

©ハイキュー!!

 

 

『ハイキュー!!』とは

 

週刊少年ジャンプ2012年12号から連載しているバレーボール漫画。

作者は古舘春一、単行本は既刊35巻となっている。

 

女性読者を中心に大人気となり、TVアニメ化、ゲーム化、舞台化と様々なメディア展開をしている。

 

『少年ジャンプ+』で読める!

 

ジャンプ+
ジャンプ+
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ

「少年ジャンプ+」は、その名の通り週刊少年ジャンプの”過去の名作”から”最新の作品”までが楽しめる集英社のマンガアプリ。

さらには、ここでしか読めないオリジナル連載漫画も。

基本1~3話程度は無料、4話以降は有料となっているが、毎日ログインをすることでポイントを貯めれば、その続きをポイントを使用することで「無料」で読むことも可能となっている。

アプリはiOS版、android版ともに絶賛配信中である。

 

ここがオススメ!

 

「小さな巨人」に憧れる少年・日向 翔陽

野球もバスケもサッカーも大好きな少年・日向 翔陽だったが、小学生の頃に、偶然テレビで観た「小さな巨人」と呼ばれる”烏野高校”のエースに憧れ、中学校入学と共にバレーボールを始めることにした。

しかし、入学した中学校のバレーボール部には、翔陽しか部員がいなかったのだった・・・。

 

f:id:taka19870704:20181209173125j:plain

©ハイキュー!!

 

しかし腐ることなく、翔陽は一人で自主練に励んでいた。

そんな中、中学3年生の春になり、新入生の1年生が3人入部してくるのだった。

そして、他部からの3年生の助っ人2人を加えて、念願であった”最初で最後”の公式戦に出場することとなったのである。

 

f:id:taka19870704:20181209173007j:plain

©ハイキュー!!

 

”コート上の王様”・影山 飛雄

しかし、初戦の相手は優勝候補の”北川第一中学”。

そんな強豪・北川第一には”コート上の王様”と呼ばれる天才セッター・影山 飛雄がいたのであった。

 

f:id:taka19870704:20181209191055j:plain

©ハイキュー!!

 

翔陽の驚異の身体能力もあり、なんとかポイントは獲れたものの、実力差は歴然。

結局、大差で負けてしまう。

 

f:id:taka19870704:20181209191004j:plain

©ハイキュー!!

 

悔しさのあまり翔陽は、影山飛雄を前に、「お前がコートに君臨する”王様”なら、そいつを倒して、おれが一番長くコートに立ってやる・・・」と、リベンジを誓うのだった。

 

まさかの再会・・・

中学を卒業し、目標としてた”烏野高等学校”へ入学した翔陽。

 

f:id:taka19870704:20181209194728j:plain

©ハイキュー!!

 

念願であった”バレーボール部”にも入部し、”県内屈指の強豪校”に進学したであろう影山飛雄にリベンジするべく、闘志を燃やす。

さっそく練習をするために、体育館に行くと、そこにはなぜか”影山飛雄”の姿が・・・・。

なぜ、影山飛雄が”烏野高等学校”のバレーボール部にいるのか?

そんな謎を抱えたまま、日向翔陽のバレーボールに打ち込む日々が始まりを告げたのであった。

 

f:id:taka19870704:20181209194554j:plain

©ハイキュー!!

 

 

最後に・・・

 

以上、『ハイキュー!!』のレビューであった。

 

今後の成長に期待を持たせつつ、好感の持てる主人公、そして、何か心に闇があり、嫌味っぽさがありつつも、根は誰よりも真面目でバレーボールが好きというライバル。

どちらも好感の持てるキャラ設定で、今後の2人の成長が楽しみだと思える物語のスタートとなっていた。

また、こういうスポーツ漫画にありがちな、”主人公がスポーツにかける情熱だけが先行している漫画”と違って、きっちりと努力している姿も早回しながら描けている部分も良く、1話目の時点でとても好印象だった。

 

そんなこともあって、「すごく丁寧に描けているなあ、安定感があるなあ」とは思っていたのだが、これほどまで人気の漫画になるとは思わなかった。

 

女性の熱狂的な人気もあり、男性の中には避けている人も多いかと思うが、王道スポーツ漫画としても楽しめるし、バレーボールについての解説や戦術なども詳しく描いてあるので、バレーボールのルールを知らなくても楽しめる漫画となっているので、スポ根好きな男性には是非とも読んで欲しい作品である。

 

 

 

ジャンプ

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • その他の増刊号

 最新記事