日刊中年ジャンプ!

”無個性”な主人公が目指す”最高のヒーロー”『僕のヒーローアカデミア』【3分でわかる!ジャンプ漫画レビュー】

 

 

f:id:taka19870704:20181204214921j:plain




世界人口の約八割が何らかの”特異体質”である超人社会となった現在。

これまで誰もが空想し、憧れていた「ヒーロー」が現実のものとなり、一つの職業となっていた。

弱気を助け、悪事を許さないそんなヒーローに憧れを抱く少年・緑谷 出久

しかし、出久は、みんなとは違っていた。

それは、生まれつきの”無個性”で何にひとつ”能力”を持っていないということ・・・。

個性を持っているのが、当たり前のこの世界で、果たして、出久は憧れのヒーローになることができるのであろうか。

”無個性”だった出久が、”最高のヒーロー”を目指して成長していくヒーロー物語である。

 

f:id:taka19870704:20181204214953j:plain

©僕のヒーローアカデミア

 

 

『僕のヒーローアカデミア』とは

 

週刊少年ジャンプ2014年32号から連載しているヒーローアクション漫画。

作者は堀越耕平、単行本は既刊21巻となっている。

2016年からはTVアニメ化するなど、週刊少年ジャンプを代表する作品となっている。

 

 

『少年ジャンプ+』で読める!

 

ジャンプ+
ジャンプ+
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ

「少年ジャンプ+」は、その名の通り週刊少年ジャンプの”過去の名作”から”最新の作品”までが楽しめる集英社のマンガアプリ。

さらには、ここでしか読めないオリジナル連載漫画も。

基本1~3話程度は無料、4話以降は有料となっているが、毎日ログインをすることでポイントを貯めれば、その続きをポイントを使用することで「無料」で読むことも可能となっている。

アプリはiOS版、android版ともに絶賛配信中である。

 

ここがオススメ!

 

憧れの職業・ヒーロー

中国の軽慶市での「発光する赤児」の報道以来、世界各地で”超常現象”が報告され、世界総人口の約8割が超常能力“個性”を持った超人社会となった現在。

この”個性”を悪用し、犯罪に手を染める者(ヴィラン)が爆発的に増加していた。

そんな中、勇気ある者たちが悪を退治するために、”ヒーロー”としての活動を始め、いつしか”ヒーロー”は国から認められる職業となっていた。

 

そして、”ヒーロー”は誰しもがなりたい職業、憧れの職業となっていたのだった。

 

f:id:taka19870704:20181204224101j:plain

©僕のヒーローアカデミア

 

”無個性”の少年・緑谷 出久

市立折寺中学3年生、緑谷 出久(みどりや いずく)。

もちろん、彼もまた”ヒーロー”に憧れていた。

進路の選択がせまる中、偉大なヒーローを多く輩出してきた偏差値79の”国立雄英高校”、その中でも難関とされる”ヒーロー科”への進学を目指していた。

 

しかし、出久は、みんなとは”決定的”に違っていた。

それは、出久は超常能力が発現しない“無個性”だということ。

ヒーローはいつも命懸け、”個性”がなくても成り立つ職業ではなかった・・・。

そのため、クラスメイトからは、常に「ヒーローになれるわけがない」と馬鹿にされていたのであった。

 

f:id:taka19870704:20181204230415j:plain

©僕のヒーローアカデミア

 

憧れのヒーロー・オールマイト

ヒーローの中でも、”平和の象徴”とまで言われ、みんなから愛されるヒーローがいた。

その彼の名は、オールマイト。

そして、オールマイトは出久が一番憧れているヒーローであった。

 

f:id:taka19870704:20181204232156j:plain

©僕のヒーローアカデミア

 

あるとき、事件に巻き込まれたことで、オールマイトと知り会った出久。

憧れのオールマイトに「無個性の僕でもヒーローになれるか」と聞くのであったが、”無個性”である出久の身を案じ、他にも正義の形はあると、”ヒーローになることを諦めるよう”促すのであった・・・。

 

 

出久のヒーローとしての”素質”

憧れのヒーローからの”一言”に、落ち込む出久であったが、その帰り道にクラスメイトがヴィランに襲われているのを目撃してしまう。

”無個性”の出久が助けにいったところで、どうすることもできない・・・。

しかし、出久は放っておくことができずに助けに走るのであった・・・。

 

f:id:taka19870704:20181204233233j:plain

©僕のヒーローアカデミア

 

そして、そんな”ヒーロー”としての姿に、心打たれたオールマイトは、出久に”素質”を感じ、出久をヒーローとして・・・自分の後継者としての修行を積ませることにしたのだった。

 

f:id:taka19870704:20181204233524j:plain

©僕のヒーローアカデミア

 

こうして、やっと、出久の”ヒーローになるための第一歩”が始まった。

果たして、出久は”最高のヒーロー”になることができるのだろうか?

 

 

最後に・・・

 

以上、『僕のヒーローアカデミア』のレビューであった。

 

普通、ヒーローものを描くときは、ヒーローになれるものが少数であるのだが、これに対し、この漫画はヒーローになれるものが多数いるという、今までのヒーローものとは違った世界観を描いていて面白いと思う。

また、熱いストーリーや、魅力的なキャラクターたちも多数登場するので、そこにも注目である。

 

ただ、少し残念だった部分があり、 序盤のこの”無個性”の主人公がどうやってこれから頑張っていくのか!というドキドキ感、ワクワク感が、「オールマイトの力が譲渡された」という形になって、結果的に”無個性”の主人公が大多数の方になってしまう展開にはすごくガッカリした。

そうでもしないと、さすがに他のキャラと張り合えないので、しょうがないのだろうが・・・そこは今でも引っかかっているところだ。

 

 

 

ジャンプ

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • その他の増刊号

 最新記事