日刊中年ジャンプ!

真犯人は”まさか”の人物だった!『THE COMIQ』第7話レビュー【※ネタばれあり】

週刊少年ジャンプ創刊50周年記念・短期集中連載として、週刊少年ジャンプ2018年46号より連載が開始された「THE COMIQ」、今週(52号)では、最終回となる第7話目が掲載された。

 

f:id:taka19870704:20181015132436j:plain

©THE COMIQ
『THE COMIQ』6話目のあらすじ・・・

坂巻に誘い出される形で、3年前に事件の舞台となった”高台公園”へと、やってきた姫川。
そこに刑事たちも集まり、いよいよ事件の真相が暴かれるときがきた。

 

だが、彼ら以外にも、事件の真相を”どこかで盗み聞く”謎の人物”の存在が・・。

最初こそ、事件への関与を否定する姫川であったが、坂巻は、これまで集めた様々な証拠を突きつけていき、ついに姫川を追い込むことに成功した。

それでもなお、「無実だ」と言うことを訴える姫川であったが、すべてを盗み聞きしていた”謎の人物”の手によって、姫川は突然、苦しみ出したのだった・・・。

 

それから3日後、すべてを自供した姫川であったが、馬場が仕上げた原稿を再度確認すると、坂巻は”あること”に気が付いた。

実は、馬場が坂巻に伝えたかったメッセージは”姫川が犯人だ”ということではなかったのだった!

 

詳しくはこちら

www.chunenjump.com





 

 

『THE COMIQ』第7話レビュー

 

すべてを自供した姫川であったが、姫川の首からはICチップが摘出された。

このICチップを使えば、”意思伝達”や、”脳に刺激”を与えることもできるようであった。

どうやら”何者”かが、このICチップを使い、姫川を遠隔で監視し、”矢部みづき殺し”の意思伝達をしていたようだ。

 

f:id:taka19870704:20181126140506j:plain

©THE COMIQ

 

事件の首謀者である真犯人をついに捕まえるべく、坂巻は”馬場の描き上げた絵”をヒントに、姫川の屋敷へとついに乗り込んだ。

屋敷に入ると「三田子」「井加代」「野ルミ」の3人の女性が現れた。

 

f:id:taka19870704:20181126140644j:plain

©THE COMIQ

 

そう、実は、ここにいる3人全員が「姫川星矢」なのである。

現在活動している「姫川星矢」とは、元々高校の漫画サークル・かぼちゃ倶楽部の女性メンバー4人の名前からとったペンネーム。

もう一人の「姫川星矢」こそ、3年前のハロウィン事件の被害者となった「部みづき」であったのだ。

 

f:id:taka19870704:20181126140725j:plain

©THE COMIQ

 

そして、3年前のハロウィン事件の首謀者は「姫野ルミ」であった。

ルミは巨万の財力を用いて、”かぼちゃ倶楽部”のすべてを乗っ取り、裏で支配し、今回の事件を引き起こす原因となっていた。

 

f:id:taka19870704:20181126140807j:plain

©THE COMIQ

 

すべてを暴かれたルミは、事件の真相を知った坂巻を消そうとするのだったが、その様子が動画配信されていて、万事休す。


こうして、すべての真相が暴かれ、馬場はついに自由となったのであった。

COMIQ”サスペンスストーリー”THE COMIQ”・・ついに完結。

 

f:id:taka19870704:20181126140845j:plain

©THE COMIQ



最後に・・・

 

以上、『THE COMIQ』の全話レビューであった。

 

漫画を通して事件を解決していくという、新しい推理のスタイルは面白かった。

しかし、なぜ馬場はこんなにも”遠回しのヒント”を出し続けていたのか、やはり疑問が残る。

馬場は喋れないにしても、文字を描けないわけではないのだから、「姫野ルミが真犯人だよ」と、文字をどうにか仕込むことをできたようにも思えるが・・・。

そして、姫野は殺人事件の首謀者ではあるものの、”殺人を実行した実行犯”ではないので、何の罪で処罰されるのかも気になるところ。

 

結局、色々な細かい謎を残しつつも、終わってしまった「THE COMIQ」

最終話ということもあり、あまり真相には触れずに、早足で紹介させてもらった。

気になった方は是非とも、2019年1月4日発売の『THE COMIQ』の単行本を買って、自分の目で、事件の真相を読んで頂きたい。

 

 

 

 

 

ジャンプ

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • その他の増刊号

 最新記事