日刊中年ジャンプ!

人類の未来がかかった魔王の子育て!『べるぜバブ』【3分でわかる!ジャンプ漫画レビュー】

 

f:id:taka19870704:20181123205009j:plain

 

 

最凶との誉れ高いヤンキーの男鹿辰巳は、ある日ケンカの最中に赤ん坊を拾う

実はこの赤ん坊こそ、人類を滅ぼすべく送られてきた魔界の王の息子であった・・。

この子を育てる運命を背負った、男鹿の波乱の毎日を描いたバトルコメディ漫画。

 

f:id:taka19870704:20181123205108j:plain

©べるぜバブ

 

 

『べるぜバブ』とは

 

週刊少年ジャンプ2009年13号から2014年13号まで連載していたバトルコメディ漫画。

作者は田村隆平、単行本は全28巻となっている。

2011年にはアニメ化されるなど、連載デビュー作でありながら大きな人気を得た。

 

『少年ジャンプ+』で読める!

 

ジャンプ+
ジャンプ+
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ

「少年ジャンプ+」は、その名の通り週刊少年ジャンプの”過去の名作”から”最新の作品”までが楽しめる集英社のマンガアプリ。

さらには、ここでしか読めないオリジナル連載漫画も。

基本1~3話程度は無料、4話以降は有料となっているが、毎日ログインをすることでポイントを貯めれば、その続きをポイントを使用することで「無料」で読むことも可能となっている。

アプリはiOS版、android版ともに絶賛配信中である。

 

ここがオススメ!

 

アバレオーガ・男鹿 辰巳

男鹿辰巳は、「天下の不良高校」と言われる石矢魔高校の1年生。

その凶悪無比な強さから「アバレオーガ」と恐れられていた。

 

ある日、いつものように喧嘩に明け暮れている最中に、川で赤ん坊を拾う。

最初は、興味本位で近づいた辰巳であったが、いつの間にか、その”赤ん坊”に懐かれてしまっていたのだった。

 

f:id:taka19870704:20181123220406j:plain

©べるぜバブ

 

赤ん坊の”正体”

迷子の”赤ん坊”を自宅に持ち帰り、どうすればいいのか迷っていると、そんな辰巳のもとに、”ゴスロリ服を着た金髪の巨乳美女”が現れた。

彼女の名前は”ヒルダ”、なんと赤ん坊に仕える”侍女悪魔”だというのだ。

 

f:id:taka19870704:20181123220445j:plain

©べるぜバブ

 

実は、辰巳が拾った赤ん坊は、普通の子ではなく、人類を滅ぼすために魔界から送り込まれた”大魔王の息子・カイゼル・デ・エンペラーナ・ベルゼバブ4世”(通称・ベル坊)だったのであった。

どうやら辰巳は、その凶悪さと残忍さから「魔王を育てる親に選ばれてしまった」ようで・・・。

 

f:id:taka19870704:20181123220524j:plain

©べるぜバブ

 

ベル坊との生活

ベル坊にすっかり気に入られてしまった辰巳。

紆余曲折を経て、ベル坊の侍女悪魔・ヒルダの監督の下、不本意ながらも魔王の親となり子育てをすることになる。

 

f:id:taka19870704:20181123220603j:plain

©べるぜバブ

 

最初こそベル坊を誰かに押し付けようとする辰巳だったが、様々な困難を共に乗り越えていくうちに、次第にベル坊の親としての自覚と絆を強めていくのであった。

 

しかし、ベル坊を育て上げること、それは即ち「人間界の消滅」を意味している。

果たして、ベル坊は辰巳のもとで、一体どのように成長をしていくのであろうか・・・。

こうして、”人類の未来がかかった子育て”が始まったのである。

 

f:id:taka19870704:20181123220638j:plain

©べるぜバブ



最後に・・・

 

以上、『べるぜバブ』のレビューであった。

 

”ヤンキーが魔王の子供を育てる”という斬新な設定の漫画であった。

ヤンキー漫画としての色も強いが、コメディ色も強いので、そういった漫画が苦手な人でも十分に楽しく読めるのでオススメだ。

また、アニメは”オリジナルの最終回”を迎えているため、原作を読んで気になったら、是非ともアニメのほうもチェックして頂きたい。

 

 

 

ジャンプ

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • その他の増刊号

 最新記事