日刊中年ジャンプ!

すべては『ファミコンジャンプ』から始まった!これまでの『週刊少年ジャンプ』のゲームを振り返る!

2019年2月14日に『週刊少年ジャンプ』の最新作ゲームとなる『JUMP FORCE -ジャンプフォース-』が、いよいよ発売となる。

 

 

「PS4」「xbox one」での本格開発タイトルということもあり、リアリティのある高画質で、人気のジャンプキャラクターたちを自由自在に動かせる、とても楽しそうなゲームとなっていそうだ。

こういった”ジャンプお祭りゲーム”の歴史は、すべて『ファミコンジャンプ』から始まったのだなあ、と考えると妙に感慨深いもの・・・。

 

そこで今回は、期待のタイトル『JUMP FORCE -ジャンプフォース-』の発売を前に、これまで50周年の歴史の中で発売された『週刊少年ジャンプ』のゲームを紹介したいと思います。

 

今回紹介するタイトルのほとんどのものが、現在、中古であれば格安で手に入れることが可能となっているため、少しでも興味があれば購入することをオススメ。

 

ファミコンジャンプ 英雄列伝

 

f:id:taka19870704:20181123144241j:plain

 

ファミコンジャンプとは・・・

『週刊少年ジャンプ』の創刊20周年を記念して発売されたアクションゲーム。

ジャンプ歴代漫画キャラクターが共演するクロスオーバー作品。

主人公は『ジャンプ』の読者であり、ピッコロ大魔王によって支配されようとしているジャンプワールドをヒーローたちとともに救うことが使命である。

 

ジャンプワールドは5つのエリアに分かれており、対戦型格闘ゲーム形式のボスとの戦闘やシューティングゲーム、スポーツゲーム、レースゲームの要素を取り入れたミニゲームがゲーム中の各所に盛り込まれている。

ゲームショップの他、本屋などでも発売された。

110万本以上の売り上げがあったものの、ゲーム自体はお粗末なものであった。

  • タイトル:ファミコンジャンプ 英雄列伝 
  • 対応機種:ファミリーコンピューター
  • 価格:7020円
  • 発売日:1989年2月25日
  • 発売元:バンダイ
  • 公式サイト:なし

 

f:id:taka19870704:20181123145619j:plain
f:id:taka19870704:20181123145830j:plain
©ファミコンジャンプ 英雄列伝 

 

 

ファミコンジャンプII 最強の7人

 

f:id:taka19870704:20181123151832j:plain

 

ファミコンジャンプⅡとは・・・

前作の不評を覆すために作られたジャンプゲーム第2弾。

今作では、前作より大幅に登場する作品が減少し、ドラゴンボール、まじかる☆タルるートくん、ジョジョの奇妙な冒険、新ジャングルの王者ターちゃん、魁!!男塾、ろくでなしBLUES、こちら葛飾区亀有公園前派出所の計7作品のみとなった。

しかし、各作品の作者がゲーム中に登場するモンスターのデザインを手がけるなど話題になった。

 

7人の主人公から1人を選んでスタートし、選ばれた主人公は「精霊の大神殿」に呼び出され、そこからワープゾーンによってそれぞれがホームとするエリアへ行き、ストーリーが始まる、というもの。

前作の反省が活かされ、それなりに遊べるゲームに進化を果たしていた。

  • タイトル:ファミコンジャンプII 最強の7人
  • 対応機種:ファミリーコンピューター
  • 価格:9180円
  • 発売日:1991年12月29日
  • 発売元:バンダイ
  • 公式サイト:なし

 

f:id:taka19870704:20181123151935j:plain
f:id:taka19870704:20181123151951j:plain
©ファミコンジャンプII 最強の7人

 

 

カルトジャンプ

 

f:id:taka19870704:20181123153649j:plain

 

 

カルトジャンプとは・・・

1993年にバンダイから発売された週刊少年ジャンプのクイズゲーム。

週刊少年ジャンプに関する「通常クイズ」「レトロ」クイズが出題される。

「クイズの王国」に築かれた「ジャンプの塔」をひたすらクイズに答えながら冒険するというストーリー。

 

クイズはすべて「週刊少年ジャンプ」の漫画から出題されるため、ジャンプ読者でしか答えられず楽しめないという、まさにジャンプ読者のためだけのゲームであった。

  • タイトル:カルトジャンプ
  • 対応機種:ゲームボーイ
  • 価格:3984円
  • 発売日:1993年9月10日
  • 発売元:バンダイ
  • 公式サイト:なし

 

f:id:taka19870704:20181123153943j:plain
f:id:taka19870704:20181123153955j:plain
©カルトジャンプ

 

 

ジャンプスーパースターズ

 

f:id:taka19870704:20181123163750j:plain

 

ジャンプスーパースターズとは・・・

任天堂が発売した週刊少年ジャンプキャラクターを使用した対戦アクションゲーム。

対人対戦のほか、様々なステージをクリアし、新しいコマが手に入れながら、進んでいくストーリーモードも搭載されていた。

 

ニンテンドーDSの上下に分かれた画面を巧みに使い、上ではバトルアクションが楽しめるバトルステージ、下の画面ではバトルアクションをサポートする漫画のコマを組み合わせるマンガデッキを表示する、という作りになっている。

 登場作品は新旧27作品となっており、50万本を超える売り上げとなった。

  • タイトル:ジャンプスーパースターズ
  • 対応機種:ニンテンドーDS
  • 価格:4800円
  • 発売日:2005年8月8日
  • 発売元:任天堂
  • 公式ページ:JUMP SUPER STARS

 

f:id:taka19870704:20181123160530j:plain
f:id:taka19870704:20181123160520j:plain
©ジャンプスーパースターズ

 

 

バトルスタジアム D.O.N

 

f:id:taka19870704:20181123161646j:plain

 

バトルスタジアム D.O.Nとは・・・

『DRAGON BALL Z』、『ONE PIECE』、『NARUTO -ナルト-』の登場キャラクターが戦うクロスオーバー作品。

タイトルの「D.O.N」とは、3作品の頭文字から取ったものである。

 

週刊少年ジャンプを代表する豪華3作品が揃ったものの、登場キャラクターが少ない、各キャラクターの強さのバランスが悪い、ストーリーモードがない、攻撃が単調になりやすい、といった不満点が多い残念な作品となってしまった。 

  • タイトル:バトルスタジアム D.O.N
  • 対応機種:PlayStation 2/ニンテンドーゲームキューブ
  • 価格:7140円
  • 発売日:2006年7月20日
  • 発売元:バンダイナムコ
  • 公式サイト:なし

 

f:id:taka19870704:20181123162555j:plain

©バトルスタジアム D.O.N

 

 

ジャンプアルティメットスターズ

 

f:id:taka19870704:20181123162953j:plain

 

ジャンプアルティメットスターズとは・・・

「週刊少年ジャンプ」の歴代の連載作品のキャラクターが入り乱れて戦う「ジャンプスーパースターズ」の続編。

前作を超える41作品、300以上のキャラクターが参加している。

今作の登場作品は読者投票が反映されており、前作では、あまり見られなかった80年代から90年代前半の作品が多く追加されている。

 

そういったキャラクターの大幅追加に加え、ゲームシステム面でも色々なシステムが追加され、前作を上回る80万本の売り上げを記録した。

  • タイトル:ジャンプアルティメットスターズ
  • 対応機種:PlayStation 2/ニンテンドーゲームキューブ
  • 価格:4800円
  • 発売日:2006年11月23日
  • 発売元:任天堂
  • 公式サイト:JUMP ULTIMATE STARS

 

f:id:taka19870704:20181123164044j:plain
f:id:taka19870704:20181123164024j:plain
©ジャンプアルティメットスターズ

 

 

ジェイスターズ ビクトリーバーサス

 

f:id:taka19870704:20181123164818j:plain

 

ジェイスターズ ビクトリーバーサスとは・・・

「週刊少年ジャンプ」45周年、「Vジャンプ」20周年記念作品。

新旧歴代のジャンプヒーローが闘うアクションゲームとなっている。


週刊少年ジャンプで連載された32作品から計52名のキャラクターが登場。

プレイヤーキャラクター2人とサポートキャラクター1人の計3人でチームを組み、相手チームと対戦する格闘アクションゲームである。

 

対戦前にはキャラクター同士の掛け合いがあり、それは楽しめたのだが、キャラクターの強さのバランスが悪い、ソロプレイだとまったく楽しめない・・・といったキャラクターゲームにありがちな悪さが目立ってしまうゲームであった。

  • タイトル:ジェイスターズ ビクトリーバーサス
  • 対応機種:PlayStation 3/PlayStation vita
  • 価格:8208円
  • 発売日:2014年3月19日
  • 発売元:バンダイナムコ
  • 公式サイト:ジェイスターズ ビクトリーバーサス

 

f:id:taka19870704:20181123183112j:plain

©ジェイスターズ ビクトリーバーサス

 

 

JUMP FORCE -ジャンプフォース-

 

f:id:taka19870704:20181123183422j:plain

 

JUMP FORCE -ジャンプフォース-とは・・・

「ルフィが、悟空が、ナルトが、現実世界で戦ったら―」

そんな漫画ファンの夢を実現した、「週刊少年ジャンプ」創刊50周年記念作品。

「ONE PIECE」「ドラゴンボール」「NARUTO-ナルトー」をはじめとしたジャンプヒーローたちが、ニューヨークなど現実世界で夢の共闘を繰り広げる対戦アクションゲーム。

 

3VS3のチームを組み、リアルタイムにプレイキャラクターを切り替えていく対戦していく。

オンラインに繋げば、全世界のプレイヤーと対戦も可能となっている。

  • タイトル:JUMP FORCE -ジャンプフォース-
  • 対応機種:PlayStation 4/xbox one
  • 価格:8856円
  • 発売日:2019年2月14日
  • 発売元:バンダイナムコ
  • 公式サイト:JUMP FORCE(ジャンプフォース)

 

f:id:taka19870704:20181123183814j:plain

©JUMP FORCE -ジャンプフォース-

 

 

最後に・・・

 

以上、これまで発売されてきた『週刊少年ジャンプ』のゲーム紹介であった。

 

残念ながら、基本的にいわゆる「クソゲー」と言われるジャンルに属しているものが多くなってしまうのが、こういったキャラクターゲームの宿命だろう。

”面白さ”どうこうよりも、人気の豪華キャラクターが集まり、自分の手で操作できることに価値がある!と思うのが正解なのかもしれない。

ジャンプキャラクターが集めると、どうしても「格闘ゲーム」になりがちになってしまうが、また「ファミコンジャンプ」のようなRPGを出してみても面白いと思うが・・・。

 

 

 

 

 

ジャンプ

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • その他の増刊号

 最新記事