日刊中年ジャンプ!

打倒!赤カブト!『銀牙 -流れ星 銀-』【3分でわかる!ジャンプ漫画レビュー】

 

f:id:taka19870704:20181122184646j:plain

 

 

大輔の家に子犬が誕生した。

猟師の間で貴重視される”虎毛”の秋田犬・銀である。

熊犬としての熱い血を父親から受け継いだ銀。

人間ですら歯が立たない凶暴な人食い熊・赤カブトに敗れた祖父シロと父リキの仇を討つため、様々な試練を乗り越えていく・・・。

幼くして巨大な敵に向かう運命を持った熊犬・銀の成長を描く、冒険熱血青春ドラマ。

 

f:id:taka19870704:20181122184725j:plain

©銀牙 -流れ星 銀-

 

 

『銀牙 -流れ星 銀-』とは

 

週刊少年ジャンプ1983年50号から1987年13号まで連載していた犬バトル漫画。

作者は高橋よしひろ、単行本は全18巻となっている。

連載から30年以上経った現在でもなお、他誌にて続編が描かれ続けている名作となった。

 

『少年ジャンプ+』で読める!

 

ジャンプ+
ジャンプ+
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ

「少年ジャンプ+」は、その名の通り週刊少年ジャンプの”過去の名作”から”最新の作品”までが楽しめる集英社のマンガアプリ。

さらには、ここでしか読めないオリジナル連載漫画も。

基本1~3話程度は無料、4話以降は有料となっているが、毎日ログインをすることでポイントを貯めれば、その続きをポイントを使用することで「無料」で読むことも可能となっている。

アプリはiOS版、android版ともに絶賛配信中である。

 

ここがオススメ!

 

”虎毛”の秋田犬・銀

少年・大輔の家に子犬が3匹産まれた。

その中の1匹は、良質な熊犬の毛色とされている”虎毛(銀色)”であった。

名前は特徴的なその”虎毛”から、”銀”と名付けられた。

 

そして、”銀”は、”最強かつ最後の熊犬”と呼ばれる父・”リキ”の”熱い血”をしっかりと受け継いでいたのであった。

 

f:id:taka19870704:20181122191128j:plain

©銀牙 -流れ星 銀-

 

殺人熊・赤カブト

その一方、大輔の住む村では、”赤カブト”と名付けられた殺人熊の被害に悩まされていた。

赤カブトは5年前に、マタギの”竹田五兵衛”によって、脳に損傷を受けたことで冬眠の必要がなくなり、異様なまでに体も大きくなっていた。

 

これ以上の被害を出さないよう、次こそ赤カブトを仕留めるため、”竹田五兵衛”と”銀”の父・リキは雪山に入っていた。

吹雪で視界が悪い、そのとき、赤カブトがついに姿を現したのであった。

 

f:id:taka19870704:20181122193929j:plain

©銀牙 -流れ星 銀-

 

殺人熊・赤カブトとの死闘

果敢に”赤カブト”に挑んだ”五兵衛”と”リキ”であったが、5年前とは比べ物にならない力をつけていた”赤カブト”の前に、簡単に返り討ちにあってしまう。

 

f:id:taka19870704:20181122194818j:plain

©銀牙 -流れ星 銀-

 

圧倒的な力の前に、リキを失いながらも、なんとか命が助かった五兵衛。

 

そんな五兵衛は、リキの子供である”銀”の”熊犬”としての才能に目をつけた。

銀は、リキを失った五兵衛の下で過酷な特訓を受け、徐々に熊犬としての才能を開花していくのであった・・・・。

 

f:id:taka19870704:20181122200134j:plain

©銀牙 -流れ星 銀-

 

こうして、父・リキの仇を討つため、幼くして巨大な敵に向かう運命を持った”銀”の冒険が始まったのだった。

 

f:id:taka19870704:20181122201619j:plain

©銀牙 -流れ星 銀-

 

 

最後に・・・

 

以上、『銀牙 -流れ星 銀-』のレビューであった。

 

当初は人間と熊犬の話だったが、次第に人間はいなくなり、犬が喋り出しだし、犬バトル漫画へと移行していく。

それが斬新だったためか、大ヒットとなりアニメ化もされ、現在でも他誌ではあるが続編が連載され、シリーズ累計が100巻を超える超大作となった。

もはや”犬漫画家”と化した高橋よしひろ先生を知る上でも、せめてみなさんには、この初期シリーズだけでも読んで欲しいものである。

 

 

 

ジャンプ

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • その他の増刊号

 最新記事