日刊中年ジャンプ!

”将棋素人高校生”がプロを目指す青春将棋譚!『ものの歩』【3分でわかる!ジャンプ漫画レビュー】

 

f:id:taka19870704:20181121224328j:plain

 

 

要領が悪く、周りから否定され続けてきた高校一年生・高良信歩。

彼の引っ越した下宿先は、なんと“将棋のプロ"を目指す人達が暮らす場所だった。

将棋に触れ、楽しさを見つけた信歩が歩む、全力青春将棋譚。

プロ棋士の橋本崇載が監修を担当した、本格将棋漫画だ。

 

f:id:taka19870704:20181121224343j:plain

©ものの歩

 

 

『ものの歩』とは

 

週刊少年ジャンプ2015年42号から2016年34号まで連載していた青春将棋漫画。

作者は池沢春人、単行本は全5巻となっている。

ペンネームの池沢春人は、尊敬する漫画家の”梅澤春人”からとったそう。

 

『少年ジャンプ+』で読める!

 

ジャンプ+
ジャンプ+
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ

「少年ジャンプ+」は、その名の通り週刊少年ジャンプの”過去の名作”から”最新の作品”までが楽しめる集英社のマンガアプリ。

さらには、ここでしか読めないオリジナル連載漫画も。

基本1~3話程度は無料、4話以降は有料となっているが、毎日ログインをすることでポイントを貯めれば、その続きをポイントを使用することで「無料」で読むことも可能となっている。

アプリはiOS版、android版ともに絶賛配信中である。

 

ここがオススメ!

 

高良 信歩

主人公・高良信歩は千賀高校の一年生。

信歩は、努力家だが”要領が悪く”、何をやっても結果を出せない日々を送っていた。

中学時代までは全くの無趣味で、人づきあいも悪く、孤立したり馬鹿にされてきた過去があった。

 

f:id:taka19870704:20181121230318j:plain

©ものの歩

 

そんな信歩は、私立千賀高校に入学することになり、下宿先のシェアハウス・かやね荘を訪れたのだが、中に入ると住人たちは、なぜかみんな”将棋を指していた”のであった。

 

f:id:taka19870704:20181121230354j:plain

©ものの歩

 

シェアハウス・かやね荘

下宿のために訪れたシェアハウス・かやね荘・・・実はそこは「奨励会員」たちが生活する言わば、”将棋のプロを育成する場”であった。

本来であれば、「奨励会員限定」のシェアハウスだったが、不動産の手違いがあり、将棋の知識がまったくない信歩が、入居することになってしまったようであった。

 

紆余曲折を経て、そのまま入居することが決まったのだが、この手違いから始まった”かやね荘”の住人たちとの出会いが、信歩の人生を大きく変えていくのであった。

 

f:id:taka19870704:20181121231235j:plain

©ものの歩

 

高良信歩の”隠された”才能

こうして、無事にかやね荘に住むことができた信歩だったが、またしても自分の”要領の悪さ”を悔やむ出来事が起きてしまう。

落ち込む信歩だったが、そんなとき、かやね荘のリーダー的存在である”直井泰金”に「将棋をやろう」と誘われるのであった。

 

f:id:taka19870704:20181121235510j:plain

©ものの歩

 

素人どころかルールも知らない信歩だったが、教えてもらううちに、次第に”将棋”の楽しさに目覚めていく。

そして、信歩には、”隠された才能”があった。

それは今まで欠点であった、自身の”要領の悪さ”。

その”視野の狭さ”が将棋の世界では、とてつもない力となっていたのだった。

 

今まで”楽しさ”がなかった人生に、初めて”楽しい”と思えることができた信歩は、これをきっかけに”将棋のプロ”を目指すことを決意するのであった・・・。

 

f:id:taka19870704:20181121235842j:plain

©ものの歩

 

しかし、”将棋のプロ”の世界は厳しい。

果たして、やっとルールを覚えたような信歩が、プロになることができるのだろうか?

信歩の人生の”最初の一手”が今、始まった。

 

 

最後に・・・

 

以上、『ものの歩』のレビューであった。

 

プロ棋士が監修についたり、将棋ゲームとのコラボがあったり、ジャンプとしては、なかなか力を入れて推していたようだが、残念ながら短期連載となってしまった。

将棋を知らない読者の目線に合わせるために、主人公も将棋のルールも知らない素人に設定したのは良かったのだが、そのせいでスピード感が悪く、全体的にテンポが悪くなってしまったのが原因か。

キャラクターも序盤から多いわりに、まったく動かせてなかったのも勿体なく思えた。

 

 

 

ジャンプ

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • その他の増刊号

 最新記事