日刊中年ジャンプ!

楽しい”ふえ科”の日常ギャグ『ピューと吹く!ジャガー』【3分でわかる!ジャンプ漫画レビュー】

 

f:id:taka19870704:20181111155917j:plain

 

酒留清彦はミュージシャンを夢見る17歳。

ある日、意を決してオーディション会場へやってきた清彦は、そこで謎の笛吹き男・ジャガージュン市と出会う。

この出会いによって、清彦の人生はハチャメチャなギャグ人生へと、変貌していくのだった。

ジャガーと清彦を中心とした、楽しい仲間達が繰り広げる青春縦笛ギャグ漫画。

 

f:id:taka19870704:20181111160141j:plain

©ピューと吹く!ジャガー

 

『ピューと吹く!ジャガー』とは

 

週刊少年ジャンプ2000年38号から2010年38号まで連載していた青春縦笛ギャグ漫画。

作者はうすた京介、単行本は全20巻となっている。

”ジャンプの巻末7ページ固定”という独特な連載位置で10年間に渡り連載していた。

シュールなギャグが人気を得て、2004年にはゲーム化、2007年にはOVA、2008年には実写化と、数々のメディアに進出した。

 

ここがオススメ!

 

酒留清彦改め”ピヨ彦”

酒留清彦はミュージシャンを夢見る17歳。

あるとき、オーディションを受けに会場へ向かうと、そこで”謎の笛吹き男”と出会う。

この出会いがきっかけとなり、清彦の人生は大きく変わっていくのであった。

 

頼れるツッコミ役的なポジションである。

しかし、破天荒な一面も持っていて、そのことが思わぬ事件を起こしてしまうこともある。

 

f:id:taka19870704:20181111165217j:plain

©ピューと吹く!ジャガー

 

”謎の笛吹き男”・ジャガージュン市

”謎の笛吹き男”・・・それが、ジャガージュン市だ。

笛に関する技術は驚異的なものがあり、清彦をギターから、笛の世界へと誘おうとするが毎回失敗している。

紆余曲折を経て、ピヨ彦と共に、スター養成校・ガリクソンプロダクションに入校することとなる。

 

常に周囲を振り回し、毎回、仲間達のもとに厄介事を持ち込んでくるが、天性の魅力とセンスがあるせいか、交友関係が広い。

 

f:id:taka19870704:20181111165249j:plain

©ピューと吹く!ジャガー

 

ふえ科のメンバー

あるとき、ジャガーはプロダクション内に”ふえ科”を設立する。

最初こそ、生徒はピヨ彦だけであったが、徐々に生徒が増えていき、ヒップホップを愛する忍者・ハマーや、アイドル科に所属し、ネットアイドルとしても活動している白川高菜、リコーダー会社の社長の息子で金持ちの高幡不動、といったクセの強い個性的なメンバーが”ふえ科”に集まってくるのであった。

 

f:id:taka19870704:20181111165428j:plain

©ピューと吹く!ジャガー


こうして、ジャガー、ピヨ彦を中心としたふえ科のメンバーは、周りの人々を巻き込み、愉快な青春の日々を送って行く・・・。

こんな調子で、ピヨ彦は”ミュージシャン”になる夢を叶えられるのであろうか・・・?

 

最後に・・・

 

以上、『ピューと吹く!ジャガー』のレビューであった。

 

間違いなく少年ジャンプを代表するギャグ漫画のひとつであろう。

時より、ノリとテンションで乗り切ろうとしてる話があるものの、”1話7ページ”という他の漫画より少ないページ数の中に、面白さがみっちりと詰まっている。

笑いたいときに読むのにピッタリの漫画である。

 

f:id:taka19870704:20181111170848j:plain

©ピューと吹く!ジャガー

 

 

 

ジャンプ

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • その他の増刊号

 最新記事