日刊中年ジャンプ!

おかしな住人たちと私の話『みえるひと』【3分でわかる!ジャンプ漫画レビュー】

 

f:id:taka19870704:20181109222116j:plain

 

この世には霊が存在する。

彼らは生者には見えず、触れられない・・・。

あるとき、女子高生・桶川姫乃は自分に取り憑いていた悪霊に襲われてしまう。

そのとき、霊と交渉し、時に排除する「案内屋」をする男・明神が助けに現れたのであった。

案内屋・明神と普通の女子高生・姫野が、様々な問題に巻き込まれていく幽霊退治バトル漫画。

 

f:id:taka19870704:20181109222355j:plain

©みえるひと

 

『みえるひと』とは

 

週刊少年ジャンプ2005年33号から2006年42号まで連載していた幽霊退治バトル漫画。

作者は岩代俊明、単行本は全7巻となっている。

この作品が、岩代先生の連載デビュー作。

 

ここがオススメ!

 

女子高生・桶川姫乃

高校へ入学するために、心を躍らせ上京してきた桶川姫乃。

そんな姫乃には、ずっと”ある記憶”があった。

それは、幼少期に”山でイルカと出会った”記憶。

しかし、当時の細かな記憶までは残っていなかった。

だが、それから10年経った今・・・その”イルカ”が、なぜか突如として、姫乃の前に現れたのであった。

 

f:id:taka19870704:20181109224612j:plain

©みえるひと

 

案内屋・明神冬悟

姫乃が見た”イルカ”・・・それは”陰魄”という”悪霊”であった。

その悪霊から命を狙われる姫乃だったが、一人の男が助けに入った。

男の名は、明神冬悟。

そして、明神は、”霊と交渉し、時には排除する”という”案内屋”だったのだ。

 

明神のおかげで、助かった姫乃。

だが、この出会いがきっかけとなり、姫乃は様々な出来事に巻き込まれていくことになるのであった・・・。

 

f:id:taka19870704:20181109225640j:plain

©みえるひと

 

霊と生者のためのアパート・うたかた荘

上京した姫乃が一人暮らしをするアパート、それが”うたかた荘”だ。

見た目はボロボロだが、家賃が安いこともあり、一人暮らしには十分なアパートであった。

 

だが、そこには、先ほど助けてもらった”明神”の姿があった。

驚く姫乃であったが、なんと明神は、この”うたかた荘”の管理人だったのだ。

そして、このアパートには、姫乃以外にも”安全な幽霊”が住みついているようだが・・・。

 

f:id:taka19870704:20181109232239j:plain

©みえるひと


こうして、姫乃は、”案内屋”明神や”うたかた荘”の住人、そして悪霊が巻き起こす、様々な問題に巻き込まれていく日々が始まったのであった・・・。

 

果たして、姫乃は無事に、安全な生活を送れることができるのだろうか・・・

 

f:id:taka19870704:20181109232937j:plain

©みえるひと



最後に・・・

 

以上、『みえるひと』のレビューであった。

 

霊とのバトルに能力だとかファンタジー要素を取り入れた点は、とても面白いと思う。

だが、何分、すべてが地味すぎたのか、連載中の人気はずっと低空飛行のままであった。

しかし、当時のジャンプの様々な事情もあって、デビュー作にも関わらず1年という連載期間を得られたのは、岩代先生にとって、とてつもない経験になったことだろう。

 

 

 

ジャンプ

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • その他の増刊号

 最新記事