日刊中年ジャンプ!

意外に正統派競馬漫画!『みどりのマキバオー』【3分でわかる!ジャンプ漫画レビュー】

 

f:id:taka19870704:20181107223735j:plain

 

日本競馬史上、かつてない珍馬が生まれた。

体は小さいが走るのは速い、犬の様な白毛馬、みどり牧場一の競走馬・ミドリマキバオー。

競走馬としては極端に恵まれない体型を持つマキバオーが、無敵の競走馬・カスケードなどのライバルとの激戦を繰り広げ、成長していく模様を描いた競走馬ギャグ漫画である。
 

 

f:id:taka19870704:20181107234933j:plain

©みどりのマキバオー

 

『みどりのマキバオー』とは

 

週刊少年ジャンプ1994年50号から1998年9号まで連載していた競走馬ギャグ漫画。

1996年にはアニメ化された。

作者はつの丸、単行本は全16巻となっている。

2007年からは「週刊プレイボーイ」にて、続編が連載された。

 

ここがオススメ!

 

珍馬・ミドリマキバオー

北海道のみどり牧場にて、桜花賞をとったこともある”ミドリコ”が子供を生む。

将来を嘱望された仔馬・ミドリマキバオーであったが、産まれた姿を見ると、白毛の短足で、速い馬とは思えない体格をしていたのだった。

その見た目からロバとの混血を疑われたマキバオーは、一時、肉にされる予定だったが、様々な出会いにより競走馬としての道を歩み始める。

 

f:id:taka19870704:20181108014610j:plain

©みどりのマキバオー

 

マキバオーの”親分”・チュウ兵衛

マキバオーを”競走馬”として見出したのが、ネズミのチュウ兵衛だ。

出会いの初めこそ、面白半分だったが、徐々に”マキバオー”を一流の競走馬に育てるべく、真面目に調教や特訓を行うようになっていく。

とんでもなく毒舌で短気な性格だが、実は、誰よりもマキバオーのことを考える面倒見のいいところがあり、マキバオーにとっても、いなくてはならない存在である。

 

f:id:taka19870704:20181108015533j:plain

©みどりのマキバオー

 

良き”パートナー”・山本 菅助

競走馬になるには、マキバオーの騎乗騎手が必要であった。

しかし、マキバオーの小柄な体格もあって、騎乗できる者がいなかった。

 

そんな中、現れたのが”山本菅助”である。

菅助もまた”小柄な体格”であったため、マキバオーに騎乗することができたのだ。

かつての落馬事故がトラウマとなって、騎乗できなくなっていた菅助だったが、マキバオーとの出会いがきっかけとなり、騎手として再起を図るのであった。

 

f:id:taka19870704:20181108020405j:plain

©みどりのマキバオー

 

こうして、チュウ兵衛、山本菅助との運命的な出会いによって、競走馬としてのデビューが決まったマキバオー。

 

しかし、これから起こることは、困難なことばかり。

果たして、強敵・カスケードを始めとした強力なライバル達が多数いる”競走馬”の世界で生き残り、”一流の競走馬”になることができるのであろうか?

 

f:id:taka19870704:20181108021308j:plain

©みどりのマキバオー

 

最後に・・・

 

以上、『みどりのマキバオー』のレビューであった。

 

ギャグ漫画というところがベースにあるおかげか、自然と”人間と馬が喋れる”という部分が、他の競馬漫画と違った面白さだ。

もちろん、下ネタギャグ満載であるが、レース中などシリアスな場面も多くあり、”正統派競馬漫画”として読むことができるのが、この作品の魅力でもあるのだろう。

競走馬に少しでも興味があるなら、読んで欲しい作品である。

 

 

 

ジャンプ

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • その他の増刊号

 最新記事