日刊中年ジャンプ!

主人公は才能を枯らした”落ち葉”!?『紅葉の棋節』【3分でわかる!ジャンプ漫画レビュー】

 

f:id:taka19870704:20181104211104j:plain

 

”伝説”と呼ばれた天才棋士・蔵道桜。

彼の弟である中学生・紅葉は桜の影を追い棋士を目指すも、周囲からは才能を枯らした“落ち葉”と言われていた。

そんな中、巷で噂の天才女子高生棋士が”紅葉を弟子にしたい”と現れたのだった。

紅葉は将棋界の頂点・竜王を目指す!!

天才の兄の背中を追いかけながら、将棋のプロを目指す少年の青春将棋物語。

 

f:id:taka19870704:20181104211249j:plain

©紅葉の棋節

 

 

『紅葉の棋節』とは

 

週刊少年ジャンプ2018年24号から2018年40号まで連載していた青春将棋漫画。

ジャンプGIGAで「モミジの棋節」(単行本全1巻)を短期的に連載した後、本誌での本格連載となった。

作者は里庄真芳、単行本は全2巻となっている。

 

ここがオススメ!

 

 ”落ち葉”・蔵道紅葉

紅葉は将棋の頂点・”竜王”を目指す中学生。

兄は”伝説”と呼ばれた天才棋士であったが、紅葉本人は、才能が開花せず、結果が出ていなかった。

これでは、竜王どころか、プロ棋士の”養成機関”である”奨励会”への入会すら絶望的。

いつの間にか、そんな紅葉を見て、周りの人間達からは「兄が才能で魅せた”桜”なら、弟は才能を枯らした”落ち葉”だ」と言われるようになってしまった。

 

f:id:taka19870704:20181104220911j:plain

©紅葉の棋節

 

女性初のプロ棋士・市原銀杏

そんな悔しさの中、自宅に帰ると、なぜかそこには、女性初のプロ棋士・市原銀杏の姿があった。

彼女は人気もあり、テレビにも出るほど今や有名なプロ棋士の一人だ。

突然の出来事に呆気に取られていた紅葉だったが、実は銀杏は、紅葉の兄であり天才棋士・”桜”の弟子だった。

そして、紅葉に「私の弟子になれ」と言い放ったのである。

 

f:id:taka19870704:20181104224721j:plain

©紅葉の棋節

 

紅葉の才能が開花

とりあえず、次の試合までの一か月の間、”お試し師匠”となった銀杏。

それからというもの、紅葉はひたすら銀杏と将棋を指した。

・・・それから一か月後、ついに試合当日となった。

試合が始まると、相手に押されてばかりだった紅葉だったが、銀杏の”一言”で、その隠れていた才能が開花した。

兄は”攻める”将棋の天才。

そんな兄と何万局も将棋を指してきた紅葉は、相手の攻撃をいなす、”受ける”将棋の天才だったのだ。

 

f:id:taka19870704:20181104230858j:plain

©紅葉の棋節

 

こうして、竜王を目指すための1歩が、銀杏と共に始まった。

しかし、なぜ、銀杏は紅葉を弟子に取ったのか?

その目的とは・・・・?

 

 

最後に・・・

 

以上、『紅葉の棋節』のレビューであった。

 

残念ながら、連載は短命で終わってしまった。

序盤はとても面白かったのだが、”将棋”以外に何か、もうひとつ強みになるようなモノがあれば良かったか。

ジャンプとは言え、成功が可能なジャンルだっただけに残念。

 

f:id:taka19870704:20181105002640j:plain

©紅葉の棋節

 

 

 

ジャンプ

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • その他の増刊号

 最新記事