日刊中年ジャンプ!

ケンカ最強中学生の”男臭い”物語!『男坂』【3分でわかる!ジャンプ漫画レビュー】

 

f:id:taka19870704:20181103165515j:plain

 

九十九里にある東雲中の菊川仁義。

ケンカでは負け知らずの中学生だ。

そこに、アメリカへ旅立つために関東へ来ていた、武島将が現れる。

早速ケンカを売る仁義だが、武島の圧倒的な強さの前に初めての敗北をするのだった。

連載していた1984年当時ですら、ほぼ絶滅ジャンルであった”番長”を題材にした番長ケンカ漫画。

 

f:id:taka19870704:20181103210929j:plain

©男坂

 

『男坂』とは

 

週刊少年ジャンプ1984年32号から1985年12号まで連載されていた番長漫画。

週刊少年ジャンプでの連載は半年ほどで終了してしまったが、連載終了後30年経ち、「週プレNEWS」「ジャンプ+」で連載が再開された。

作者は車田正美、少年ジャンプの連載としての単行本は全3巻となっている。

 

ここがオススメ!

 

ケンカで負けなし!菊川仁義

九十九里にある東雲中に入学した菊川仁義。

仁義はケンカが強く、13年間の人生で負けたことがなかった。

そんな仁義はさっそく、番長の安岡にケンカを売り、これに勝利する。

仁義は番長という座に興味があるわけではなく、「天と地の間に男として生まれた以上、誰にも負けない強い男になりたい」という強い信念を持っていた。

 

f:id:taka19870704:20181103215945j:plain

©男坂

”鬼山”の喧嘩鬼

九十九里にある鬼山には、伝説があった。

それは、鬼山には”鬼”が住んでいて、山中を通る人を捕まえてはケンカをしかけ、
鬼に勝てばそのまま通してもらえるが、負けたときは、生首をひきちぎられ、
食べられてしまうという「喧嘩鬼の伝説」である。

仁義は、その鬼山で偶然にも”喧嘩鬼”の姿を目撃してしまうのだった。

作り話だと思われていた”喧嘩鬼”は本当に存在していたのか?

 

f:id:taka19870704:20181103220856j:plain

©男坂

武島軍団のドン・武島将

アメリカに留学する前に九十九里に立ち寄っていた男がいた、その男の名は、武島将。

西日本最大の勢力を誇る武島軍団のドンであり、日本のドンにあるために、勝者の教育を受けてきた男である。

その強さから、もはや、”日本には敵なし”とまで言われていた。

そんな、将に目をつけた仁義は、ケンカを挑むが、将の前に簡単に敗北してしまう。

 

f:id:taka19870704:20181103221800j:plain

©男坂

”喧嘩鬼”に弟子入り

仁義はこれが人生で初めての敗北であった。

「もっともっと強くなりたい」

その思いから、”喧嘩鬼”への弟子入りを志願した。

しかし、”喧嘩鬼”から教わる”ケンカの心得”は、死と隣り合わせの危険なものであった。

果たして、仁義は、”喧嘩鬼”のもとで強くなり、武島将にリベンジすることはできるのだろうか・・・?

そもそも、生きて”喧嘩鬼”のケンカの心得を習得することができるのだろうか?

 

f:id:taka19870704:20181103223159j:plain

©男坂

 

最後に・・・

 

以上、『男坂』のレビューであった。

 

1984年時点で、もはや古臭いジャンルだった”番長”に挑んだ車田正美先生の力作であったが、当時は長続きしなかった。

”伝説の最終回”を是非とも見て、車田先生の無念さを感じ取ってもらいたいものである。

当時の古き良き絵柄、そして”男臭さ”を感じたい人にはもちろん、途中、真面目に描いてるのか、ギャグで描いてるのかわからない展開など、実にオススメな部分が多い漫画である。

 

f:id:taka19870704:20181103224355j:plain

©男坂

 

 

 

ジャンプ

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • その他の増刊号

 最新記事