日刊中年ジャンプ!

他人の人生を生きる”役者”を目指す物語『アクタージュ act-age』【3分でわかる!ジャンプ漫画レビュー】

 

f:id:taka19870704:20181102135844j:plain

 

大手芸能事務所スターズが主催する俳優オーディション。

未来のスターを目指す3万人の応募者の中に、異彩を放つ女子高生・夜凪景(よなぎ けい)がいた。

しかし、その驚異的な”才能”が故に不合格となってしまう。

だが、そのオーディションに立ち会っていた映画監督・黒山墨字(くろやま すみじ)に見いだされ、役者としての1歩が始まったのであった。 

天才女優と鬼才監督の出会いから始まる、1本の映画を巡るアクターストーリー漫画。

 

f:id:taka19870704:20181102140635j:plain

©アクタージュ

 

『アクタージュ act-age』とは

 

週刊少年ジャンプ20018年8号から連載しているアクターストーリー漫画。

少年誌では珍しい”役者”が題材となっている。

原作をマツキタツヤ、漫画を宇佐崎しろが担当、単行本は現在4巻まで発売している。

 

ここがオススメ!

 

役者を目指す女子高生・夜凪景

夜凪景は役者を夢見る女子高生だ。

容姿とスタイルは完璧、運動神経も抜群で、身長と頭身のバランスも完璧な女の子である。

そんな彼女は、役者を夢見ながらも家庭の事情により、現在は弟妹と3人で暮らしている。

そんな、景はあるとき、大手芸能事務所『スターズ』の俳優発掘オーディションを受けた。

合格確実と思われたが、”とある理由”により落選してしまう。

 

f:id:taka19870704:20181102154048j:plain

©アクタージュ

無自覚のメソッド演技法

景が落選した理由、それは、役柄を演じるために自らの過去を追体験するという”メソッド演技法”を身に付けていたことだった。

景は幼い頃から、家にあった大量の映画を見て、この演技法を”無自覚”に身に付けていたようだ。

しかし、”メソッド演技法”は演技には長けるが、心を壊す諸刃の刃。

オーディション主催者であるスターズの社長・星アリサはそんな景を不安視し、落選させていたのだった。

 

f:id:taka19870704:20181102155302j:plain

©アクタージュ

映画監督・黒山墨字

だが、この異能に長けた景の”才能”を誰よりも買っていた人物がいた。

それが映画監督の黒山墨字だ

彼は、自身が”どうしても撮りたい映画”のために役者を探していたが、現在、活躍している役者では納得がいかなかった。

そこで、”夜凪景”に目をつけた。

しかし、景は才能はあるといっても、荒削りな部分が多く、まだまだ未熟。

そこで、黒山は”役者”として一から景を育てることに決めたのだった。

 

f:id:taka19870704:20181102161807j:plain

©アクタージュ

景は”メソッド演技法”を自分のモノにできるのか?

黒山は景を育て上げられるのか?

そして、黒山の”撮りたい映画”とは・・・?

 

こうして、2人のアクターストーリーが始まったのだった。

 

 

最後に・・・

 

以上、『アクタージュ act-age』のレビューであった。

 

少年ジャンプにはとても珍しい”役者”が題材の漫画となっている。

少々、退屈で都合の良い展開が続くものの、景が役者として育っていく”成長具合”を楽しむことができるだろう。

果たして、これからどのような展開を迎えるのか・・・。

 

f:id:taka19870704:20181102162827j:plain

©アクタージュ

 

 

 

ジャンプ

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • その他の増刊号

 最新記事