日刊中年ジャンプ!

トリガーオン!『ワールドトリガー』【3分でわかる!ジャンプ漫画レビュー】

 

f:id:taka19870704:20181101231129j:plain

 

異次元からの侵略者「近界民(ネイバー)」の脅威にさらされている三門市。

そんな三門市には、界境防衛機関・ボーダーが存在し、ネイバーから街を守っていた。

そこに住む少し正義感の強い中学生・三雲修は、ある日、謎の転校生・空閑遊真と出会う。

遊真の行動に振り回される修だったが、実は・・・。

侵略者・ネイバーと防衛機関・ボーダーの戦いを描いたSFバトルアクション漫画。

 

f:id:taka19870704:20181102004957j:plain

©ワールドトリガー

 

『ワールドトリガー』とは

 

週刊少年ジャンプ2013年11号から連載されているSFバトルアクション漫画。

途中、作者の体調不良により2年近い長期休載があったものの連載が再開された。

作者は葦原大介、単行本は19巻まで発売されている。

 

ここがオススメ!

 

異次元からの侵略者・ネイバー

28万人が住む三門市に、ある日突然、異世界への門(ゲート)が開いた。

そのゲートからは近界民(ネイバー)と呼ばれる怪物が出現し、街を恐怖に陥れた。

こちらの世界とは異なる技術を持つネイバーには、地球上の武器はきかなかった。

一体、ネイバーは何を目的として、誰が送り込んできたのだろうか?

 

f:id:taka19870704:20181102004122j:plain

©ワールドトリガー

界境防衛機関・ボーダー

街が崩壊する中、謎の集団が現れ、ネイバーを退治した。

その集団の名は「界境防衛機関・ボーダー」

ネイバーの技術を独自研究し、”こちら側”の世界を守るため結成された組織である。

それから4年後・・・ネイバーが出現するゲートは開いているものの、ボーダーのおかげで街には平穏な日々が戻っていた。

しかし、なぜ”ネイバー”のことを知っていたのか、なぜ街を守るのか・・など謎が多い組織だ

 

f:id:taka19870704:20181101231601j:plain

©ワールドトリガー

中学生・三雲修

三雲修は三門市に住む中学生である。

正義感の強い性格で、クラスの不良たちにも臆せず向かっていくが、いつも返り討ちに合っていた。

そんな修は、転校生の空閑遊真を気にかけていたのだが、あるとき、遊真が不良たちに目をつけられてしまう。

だが、そのとき、ネイバーの出現を知らせる警報が辺りに鳴り響いた。

自分たちのすぐそばにネイバーが出現し、不良たちに襲い掛かると、修は果敢にも助けに行った。

実は、修は”ボーダー”の一員だったのだ。

f:id:taka19870704:20181102011429j:plain

©ワールドトリガー

謎の転校生・空閑遊真

しかし、出現したネイバーの力は強く、修では歯が立たなかった。

絶体絶命の窮地だったが、”あるの人物”が、修を助けるべくネイバーのもとに向かっていった。

その人物は、空閑遊真であった。

そう、彼もまた”ボーダー”だったのだ。

 

f:id:taka19870704:20181102013519j:plain

©ワールドトリガー


ネイバーを退治した遊真だったが、どうやら彼は”ボーダー”ではないらしい。

父の遺言に従い、父の知り合いを訪ね、”こちら側”の世界に来たという遊真。

何か”不思議”な部分の多い遊真だが・・・一体、何者なのだろうか?

 

最後に・・・

 

以上、『ワールドトリガー』のレビューであった。

 

正直、一度読んだだけでは、よくわからないことが多い漫画だ。

しかし、回を重ね、読み進め、何度も読み返していくうちに、緻密に練られたストーリーや、キャラクターの魅力、集団戦闘の面白さといった要素がジワリジワリと出てきて、それがいつの間にか病みつきになるはず。

それが「ワールドトリガー」の面白さである。

 

f:id:taka19870704:20181102020403j:plain

©ワールドトリガー

 

 

 

ジャンプ

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • その他の増刊号

 最新記事