日刊中年ジャンプ!

夢のチームを結成して戦おう!『BLEACH Brave Souls』【ジャンプアプリレビュー】

 

BLEACH Brave Souls
BLEACH Brave Souls
開発元:KLab Global Pte. Ltd.
無料
posted withアプリーチ

 

ある日突然、死神代行になってしまった主人公・黒崎一護の戦いを描いたバトル漫画『BLEACH』のスマートフォン向けゲーム。

一護を始め、ルキア、恋次、白哉から千年決戦編までのキャラクターが総登場し、3Dマップで再現された空座町や尸魂界を自由に移動して戦う3Dアクションゲーム。

 

f:id:taka19870704:20181101213544j:plain

©BLEACH Brave Souls

 

最初にゲームをプレイすると見応えのある”ゲームオリジナルOP”が流れ、テンションを上げてくれる。

 

 

 

どんなゲーム?

 

3人でチームを組み、キャラクターを3Dフィールド上で自由自在に操作して、出現する敵を倒していく3Dアクションゲーム。

一護やルキアといった原作お馴染みのキャラクターはもちろん、千年決戦編までのキャラクターが総登場し、手に入れられることができれば、その全員が操作可能だ。

 

f:id:taka19870704:20181101215407j:plain

©BLEACH Brave Souls


各キャラクター攻撃パターンが多くあり、時には敵の攻撃を回避することも必要となる。

ただ攻撃すればいいというわけではないアクション性の高いバトルとなっている。

また、必殺技の使用時はカットインとボイスによる演出が用意されているため、ファンには嬉しいだろう。

 

ガチャ問題

 

ガチャには、”霊玉”というものが必要。

イベントやログイン特典として集めるほか、購入が可能だ

ゲームを進めることで、”霊玉”や”ガチャチケット”は思っていたより入手しやすい印象。

 

f:id:taka19870704:20181101214529j:plain

f:id:taka19870704:20181101214542j:plain

©BLEACH Brave Souls


単発は×25、10連は×250となっている。

10連を回すには3500円近い金額が必要となる。

また、アイテムと”高レアリティの特定のキャラクター”が入手できる”キャラクターパック”も登場しており、こちらは2900円ほどとなっている。

ガチャで入手できるのは、ゲームで操作することができる”キャラクター”のほか、”アクセサリー”と呼ばれる装備品のようなもの。

 

最高レアリティは☆5、出現率は3%と一般的。

ただ、リリース当初に比べ、現在は登場キャラクターが多いため、お目当てのキャラクターの☆5を手に入れるのは、なかなか困難と思われる。

ちなみに☆5のキャラクターは160体を超えている。

 

 

ここがオススメ!

 

原作を追体験!初心者もOK!

ストーリーがなかったり、適当なストーリーで進められるスマホゲームが多い中で、「BLEACH Brave Souls」は、しっかりと原作を追体験するストーリーになっている。

早足ではあるものの、ファンは名シーンをもう一度見ることができ、初心者はBLEACHについて知れるだろう。

そのため、まったくBLEACH知識なし!でも問題なく遊ぶことができる。

なんならば、「知らないゲームをやる」くらいの感覚で初めて大丈夫である。

 

f:id:taka19870704:20181101213750j:plain

©BLEACH Brave Souls

 

サクサクキャラクターが動く

攻撃や移動が思っていた以上にサクサク動く。

ボタンをタップするだけという、単純操作で様々なパターンの攻撃や必殺技まで繰り出せるので、スマホゲームとは思えない爽快感を得ることができるだろう。

 

 

超充実のサブストーリーやイベント

ストーリーを進めるだけでもかなりのボリュームがあるのだが、それに加え、サブストーリーやイベントクエストなど、合わせて常時40種類以上用意されている。

その他にも共闘クエスト、リーグ戦バトルなどなど、やることは尽きないだろう。

 

f:id:taka19870704:20181101214100j:plain

©BLEACH Brave Souls

 

必殺技に特別演出が用意されている

☆3以上のレアリティに限られるが、必殺技の使用時はカットインとボイスによる演出が用意されている。

これは原作ファンには嬉しいところ。

 

f:id:taka19870704:20181101214747j:plain

©BLEACH Brave Souls

 

課金なしでも問題なし!ただ・・・

協力プレイができ、一人でもボス戦のときには、他のプレイヤーのキャラクターが助けに入ってきてくれるため、弱いキャラクターしか持っていなくても、苦労することなくゲームを進めることが可能。

ただし、リリースから3年経過しているため、他のプレイヤーのキャラクターは強力でレアリティが高いものばかりなため、それを見ていると、どうしてもガチャを回したくなってしまうのが辛いところだ。

 

 

ここがダメ!

 

攻撃が意外とシビア・・・

様々なバリエーションの攻撃パターンが用意されているのだが、使う技や必殺技によっては、攻撃角度や範囲などが決まっており、これがなかなかシビアな判定となっている。

そのため、ここぞ!で放った強攻撃や必殺技が外れると、多少のイライラが。

 

ロードが若干長い

3D処理のせいもあるのでこういうゲームでは、しょうがない部分なのかもしれないが、若干ロードが長いか・・・。

 

電池消費が激しい

こちらも3D処理のためか、スマホの電池消費が他のゲームより激しく感じる。

1ステージ1分ほどでクリア可能なので、外出先で少しやる分にはまったく問題はないが、長時間のプレイをするならば、モバイルバッテリーなどの充電設備は必須だ。

 

今後の展開に不安

ご存じの方が多い通り、BLEACHは原作、アニメ共に終了。

実写化もしてしまったことから、今後の新しいメディア展開は難しいだろう。

果たして、このゲームがこの先、2年、3年、5年と続けていけるのか、少々不安を感じる。

ゲーム内ではイベントやクエストで盛り上げてはいるが・・・。

 

最後に・・・

 

以上、『BLEACH Brave Souls』のレビューであった。

 

今後の展開に少々不安はあるものの、ゲームとしてはとても良く出来ている。

攻撃パターンが多く、ただの単純バトルになっていないところが特に素晴らしい。

そして、原作に登場するキャラクターがほとんど登場し、入手できれば操作できるのも良い。

自分自身、少しだけやるつもりだったが、今ではどっぷりとハマっているくらいだ。

BLEACH好きはもちろん、まったくBLEACHを知らない方にもオススメできる面白いゲームとなっている。

 

 

 

ジャンプ

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • その他の増刊号

 最新記事