日刊中年ジャンプ!

いちご模様!?の学園ラブコメ『いちご100%』【3分でわかる!ジャンプ漫画レビュー】

 

f:id:taka19870704:20181101013845j:plain

 


放課後、校舎の屋上で出会ったいちごパンツの美少女。

中学3年生・真中淳平は夕日に映えるその姿にすっかり心を奪われてしまった。

彼女は一体、誰なのか?

そして、「東西南北」の名を持つ4人のヒロインが、優柔不断で鈍感な真中に迫る・・・。

果たして、真中は誰を選ぶのか?

 

f:id:taka19870704:20181101013958j:plain

©いちご100%

 

『いちご100%』とは

 

週刊少年ジャンプ2002年12号から2005年35号まで連載されていた学園ラブコメディ漫画。

2017年には、続編となる「いちご100% EAST SIDE STORY」が、「ジャンプGIGA」2017 vol.1~2017 vol.4に掲載された。

作者は河下水希、単行本は全19巻となっている。

 

ここがオススメ!

 

普通の中学生・真中淳平

映画監督になりたいという夢はあるものの、真中淳平はパッとしない平凡な中学生だ。

そんな真中はあるとき、学校の屋上で”いちごパンツ”の美少女と出会う。

真中を見るや、驚いて逃げるように立ち去ってしまった美少女・・・。

唯一の手掛かりは屋上に落ちていた”東城綾”と名前の書かれた一冊のノートだった。

そして、そこから彼の学園生活は一変をしてしまうことになった。

 

f:id:taka19870704:20181101143029j:plain

©いちご100%

”謎の美少女”東城綾!?

翌日、ノートを届けるためにさっそく東城を訪ねた。

しかし、そこにいた”東城綾”は、昨日の美少女とは正反対。

おさげ髪に黒縁メガネという地味な印象だったため、真中は「”いちごパンツ”の美少女ではない」と思いこんでしまうのだった。

 

f:id:taka19870704:20181101144003j:plain

©いちご100%

学年一のアイドル”西野つかさ”

そんなとき、友人から「その美少女は”西野つかさ”ではないか?」と助言を受ける。

”西野つかさ”は男子から人気があり、学年一のアイドル。

確かに、ひとつの学校にそうそう美少女が何人もいるものではない。

その助言を鵜呑みにした真中は、勢いそのままに”西野つかさ”に告白することにした。

 

f:id:taka19870704:20181101155538j:plain

©いちご100%

”謎の美少女”の正体は?!

西野つかさに告白した真中淳平。

斬新な告白方法のおかげもあってか、見事に西野つかさと付き合うことに成功する。

 

f:id:taka19870704:20181101160326j:plain

©いちご100%

 

しかし、告白に成功したのもつかの間、西野の背後に”謎の美少女”の後ろ姿が・・・。

「西野つかさは、”あのいちごパンツの美少女”じゃない・・?」

果たして、謎の美少女の正体は?そして西野つかさと無事に付き合い続けることができるのか・・・?

さらに、真中を惑わせるヒロインも続々登場。

一体、真中はどうなってしまうのか・・・・。

 

f:id:taka19870704:20181101160831j:plain

©いちご100%

 

最後に・・・

 

以上、『いちご100%』のレビューであった。

 

優柔不断な主人公がヒロインたちに振り回されるようなラブコメ漫画に思われがちだが、しっかりと登場人物たちが学生生活を通じて「夢」を追い続けて、成長していく姿が描かれているのは素晴らしい。

”恋愛”や”夢”を通じて大人になっていくのはまさに学生そのものだ。

バカさの中にも、そういったリアリティさも含んでいるのが、この「いちご100%」だろう。

 

現在、「いちご100%」はモノクロ版の他に、デジタルカラー版も配信されている。

一度読んだことがある方でも、カラーで読むとまた違った印象を受けるはずなので、こちらもオススメだ。

 

f:id:taka19870704:20181101162739j:plain

©いちご100%

 

 

 

 

ジャンプ

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • その他の増刊号

 最新記事