日刊中年ジャンプ!

少年アスタが”魔法帝”を目指す物語!『ブラック・クローバー』【3分でわかる!ジャンプ漫画レビュー】

 

f:id:taka19870704:20181031143920j:plain

 

魔法がすべての、とある世界――。

孤児の少年・アスタは、同じ孤児である少年・ユノと共に、魔道士の頂点である”魔法帝”を目指して日夜鍛錬を続けていた。

魔道士になるには、魔法は必須。

しかし、魔法の才能溢れるユノとは正反対に、アスタは全く魔法が使えなかったのだ。

果たして、アスタは”魔法帝”になれるのか?

魔法を”持たない”アスタの戦いを描いた少年魔法ファンタジー漫画。

 

f:id:taka19870704:20181031145641j:plain

©ブラック・クローバー

 

『ブラック・クローバー』とは

 

週刊少年ジャンプ2015年12号から連載されているファンタジー漫画。

2014年、「ジャンプNEXT‼」に読み切り版掲載の後、連載となった。

作者は田畠裕基、2017年からはアニメ放送も開始された。

単行本は、現在18巻まで発売されている。

 

ここがオススメ!

 

”魔法帝”を目指す少年・アスタ

アスタとユノは共に赤ん坊の頃から15年間孤児院で暮らしている。

アスタは底抜けに明るく、熱血漢のある性格だが、何事にも優秀なユノといつも比べられ、他の孤児達からバカにされていた。

そんなみんなを見返すべく”魔法帝”になることを目指している。

しかし、アスタには大きな問題があった。

それは、魔法が使えないことだ。

 

f:id:taka19870704:20181031153312j:plain

©ブラック・クローバー

魔導書(グリモワール)

この世界では全国で年に1度、15歳になった者に魔力を高めてくれる本・魔導書(グリモワール)が授与される。

この魔導書を元にして、魔法を使う色々な仕事に就くことができるのだ。

そして、アスタの目指す”魔法帝”になるためには、優秀な者が選ばれる魔道士軍団”魔導騎士”に入団することが、そもそもの絶対条件。

しかし、アスタの手元には”魔導書”がくることはなかった。

 

f:id:taka19870704:20181031154939j:plain

©ブラック・クローバー

 

”魔法帝”を目指す少年・ユノ

そんな中、ユノは”四つ葉のクローバー”が刻印された伝説の魔導書に選ばれる。

ユノはアスタと違って魔法を自由自在に扱え、誰もが認める才能を持っていた。

 

f:id:taka19870704:20181031155614j:plain

©ブラック・クローバー

魔導書が授与されなかったアスタを冷たくあしらうユノだったが、実は、誰よりもアスタの努力を知り、誰よりもアスタの実力を認めている男だった。

 ”悪魔が住む”五つ葉のクローバーの魔導書

自身の持つ”伝説の魔導書”がきっかけとなり、盗賊団に襲われたユノ。

ユノの窮地に助けに現れたのがアスタだった。

しかし、魔法の使えないアスタでは手も足も出ない。

自らの力のなさ、魔法を使えないことへの虚しさからすべてを諦めようとしたとき、他の魔導書とは全く違う、異様な雰囲気を纏った一冊の本が手元にやってきた。

 

f:id:taka19870704:20181031161844j:plain

©ブラック・クローバー


それは”悪魔が住む”と言われる5枚目の葉を持った”五つ葉のクローバー”が刻印された魔導書だった・・・。

一体、この魔導書にはどんな力が秘められているのか?

こうして、アスタが”魔法帝”になるための日々が始まりを告げたのだった。

 

最後に・・・

 

以上、『ブラック・クローバー』のレビューであった。

 

少年誌らしい王道ストーリーだが、みんなが魔法を使える世界の中で、一人だけ魔法が使えず、物理攻撃で挑んでいく主人公というのは珍しいだろう。

アニメ化もされ、ますます勢いづく「ブラック・クローバー」にはこれからも注目である。

 

 

 

ジャンプ

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • その他の増刊号

 最新記事