日刊中年ジャンプ!

最後まで生き残れ!『実況ジャンジャンスタジアム』【ジャンプアプリレビュー】

 

ジャンプ 実況ジャンジャンスタジアム
ジャンプ 実況ジャンジャンスタジアム
開発元:KONAMI
無料
posted withアプリーチ

 

週刊少年ジャンプ創刊50周年記念アプリ。

オンライン対戦のバトルロイヤルゲームとなっている。

開発はKONAMIが担当しているため、少年ジャンプの漫画キャラクターがKONAMI特有の2頭身となって大乱闘バトルを繰り広げるのが特徴的だ。

 

f:id:taka19870704:20181030182234j:plain

©実況ジャンジャンスタジアム

 

 

 

どんなゲーム?

 

最大4人対戦可能のバトルロイヤルゲーム。

各プレイヤーは2人のキャラでタッグパーティを組み、フィールド上をジャンプや攻撃、移動を駆使して他のプレイヤーと戦う。

 

f:id:taka19870704:20181030182347j:plain

©実況ジャンジャンスタジアム


相手を攻撃で吹き飛ばし、場外に落として120秒間で一番ストックを残したプレイヤーの勝ちというルール。

画面上部には「体力」が表示されており、ダメージを受ける度に吹き飛びやすくなっている。

 

ガチャ問題

 

ガチャには、”ジェム”というものが必要。

イベントやログイン特典として集めるほか、購入が可能だ。

 

f:id:taka19870704:20181030182516j:plain

©実況ジャンジャンスタジアム


単発は×25、11連は×250となっている。

11連を回すには3500円近い金額が必要となる。

ガチャで出るのは、”ヒーローズメモリー”と呼ばれる漫画のコマを切り取った装備品のようなもの。

 

f:id:taka19870704:20181030182639j:plain

©実況ジャンジャンスタジアム


これを強化したいキャラクターに装備することで、ステータスアップや特殊スキルを得られることが可能となる。

最高レアリティは☆3、出現確率は8%と高めの設定だ。

 

 

ここがオススメ!

 

歴代のキャラクター達が大乱闘

週刊少年ジャンプ創刊50周年記念アプリだけあり、新旧の人気漫画のキャラクターたちが特有の必殺技や攻撃で大乱闘を繰り広げるのは面白い。

思っていた以上にキャラクターは機敏に動き、操作も簡単、そして難解なゲームシステムないため、誰でもすぐにできるのは嬉しいところだ。

また、登場キャラクターはガチャではなく、ゲームを進める事で手に入れられる仕組みになっているのも良心的。

 

f:id:taka19870704:20181030182944j:plain

©実況ジャンジャンスタジアム

 

”スタミナなし”好きなだけ遊べる

数回遊ぶと、ある程度時間を置いてからでないとまた遊ぶことができない、いわゆるスタミナシステムがスマホゲームには多いが、このゲームには”スタミナ”という概念がないため、好きな時に好きなだけ遊ぶことが可能となっている。

これはゲーム好きには嬉しいポイントだ。

 

 

各漫画の「あらすじ」が見れる親切さ

参戦キャラクターの中には、1970年代、1980年代の漫画のキャラクターも多数いるため、ほとんど馴染みがない方も多いことだろう。

そんなときは、”どんな漫画”の”どんなキャラクター”か、ということがすぐにわかるようになっている。

ジャンプ漫画に詳しくなくても、まったく問題なく始めることができるのは親切だ。

 

f:id:taka19870704:20181030182807j:plain

©実況ジャンジャンスタジアム

 

 

ここがダメ!

 

攻撃パターンが単調

キャラクターのレベルがあがったり、”ヒーローズメモリー”を装備することで攻撃パターンが増えるのかと思っていたが、攻撃回数が増えるのみだった。

そのため、攻撃パターンが少なく、単調になりがちになるのが残念。

今後のアプデで攻撃パターンが増えるようなことになれば、このゲームの戦略性も増して、もっと面白くなるだろう。

 

逃げるが勝ち

120秒間で一番ストックが残っているプレイヤーが勝ちのため、”勝ちにこだわる”のであれば攻撃が回避できるダッシュを使って、逃げ回っていれば勝ち逃げが可能となっている。

オンラインで他プレイヤーにやられると、攻撃を当てられないことはないが、ゲーム的にはとてもつまらなくなってしまうのがイマイチ。

 

作品固有のステージがない

用意されているステージの数は多いが、すべてオリジナルのもので、各漫画の世界観が現れているような固有ステージがないのは寂しい。

せっかくこれだけのキャラクターが登場するのに、そこにこだわらないのは勿体なく思えた。

 

f:id:taka19870704:20181030183222j:plain

©実況ジャンジャンスタジアム

 

スキルリンク条件が厳しい

キャラクターを強化できる”ヒーローズメモリー”

これだけでもキャラクターの強化は可能なのだが、最大限に活かすには、メモリーのコマと強化するキャラクターを同作品にしないといけない。

 

f:id:taka19870704:20181030183303j:plain

©実況ジャンジャンスタジアム


例えば、ナルトを強化したいと思ったら、ヒーローズメモリーはNARUTOのコマでなければいけない。

登場作品が50種類近くあるなかで、なかなかお目当ての作品のメモリー、ましては強力なメモリーを入手していくのは厳しいだろう。

こうなってくると、ガチャが必須だ。

 

最後に・・・

 

以上、『週刊少年ジャンプ 実況ジャンジャンスタジアム』のレビューであった。

 

人気キャラクターが大勢登場し、2頭身でドタバタバトルを繰り広げるのは面白いし、何よりスタミナがないというのが良いだろう。

シンプルな操作や項目が少ないメニュー、簡素なシステム面などを考えると、低年齢~小学生向けのように思える。

逆に大人が遊ぶにはそのシンプルな面もあって、熱中するのは難しいか。

また、任天堂の「スマブラ」のようなものを期待していると、とんでもなく肩透かしをくうので注意が必要だ。

 

 

 

ジャンプ

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • その他の増刊号

 最新記事