日刊中年ジャンプ!

世界に再び文明をもたらすために!『Dr.STONE』【3分でわかる!ジャンプ漫画レビュー】

 

f:id:taka19870704:20181024003431j:plain

 

 

高校生の大木大樹は、幼馴染の千空からのアドバイスをもらい、以前より想いを馳せていた小川杠に自分の気持ちを告白しようとしていた。

その時、突如、空が眩く発光し、地球上の全人類が一斉に”石化”するという怪現象に襲われてしまう。

大樹が目を覚ますと、そこには荒廃した景色が広がっていた。

そして、一足先に石化が解けて目覚めていた千空から、「人類は滅亡し、今は自分たちの時代から3700年経過している」ということを聞かされる。

なぜ、突然、人類は石化してしまったのか。

千空と大樹はその謎を解き明かしながら、仲間達と共にこの日本を生き抜くことになった。


 

f:id:taka19870704:20181024003754j:plain

©Dr.STONE

 

『Dr.STONE』とは

 

週刊少年ジャンプ2017年14号より連載されているサバイバル漫画。

原作は「アイシールド21」の稲垣理一郎、作画は韓国出身の漫画家・Boichが担当している。

Boich先生はこれが少年誌のデビュー作となった。

単行本は2018年現在、既刊7巻となっている。

 

ここがオススメ!

 

人類は滅亡し、荒廃した日本

大樹は想いを馳せる小川杠に告白しようとしていた。

すると、突如として、空が発光したのであった。

そして、目が覚めると自分は石化していて、周りには草木が生い茂り、人々が石と化している世界だった。

大樹は、石化されている間も、意識を維持していたため、ここが日本であることはわかっていた。

なぜ突然、人類は石化してしまったのか?そして、なぜ自分は助かったのか?

 

f:id:taka19870704:20181024010724j:plain

©Dr.STONE

 

石神千空

そして、この世界では、もう一人自力で助かった人物がいた。

それは大樹の幼馴染・石神千空だ。

どうやら大樹よりも半年以上前に石化が解け、一足先にこの世界での生活をしていたようだ。

幸運にも千空は頭脳明晰、その知識がこの世界で生き残るためのサバイバル術となって活かされた。

千空は頭が使える、大樹は千空に代わり”体を使う”ことで協力する覚悟を決めた。

そう、すべては石化した人類を治し、原始に戻った世界に再び文明をもたらすため。

 

f:id:taka19870704:20181024013124j:plain

©Dr.STONE

 

もう一つの”世界の再生”

千空と大樹は一年の歳月をかけ、”石化”を治す液・ナイタールの調合に成功した。

そのナイタールをある時「霊長類最強の高校生」と言われる師子王司に使用してしまう。

石化から復活した司は、最初こそ2人に協力していたが、司の思い描く”人類の再生”は、千空が描くものとは明らかに違っていた。

司は”若者だけを石化から解き、このままの自然と共に生きていく”という世界の浄化を考えていたのであった。

”世界の浄化”と”文明の再来”、果たして正しいのはどちらなのだろうか?

 

f:id:taka19870704:20181024015526j:plain

©Dr.STONE

最後に・・・


以上、『Dr.STONE』のレビューであった。

 

今までのジャンプには、ありそうでなかったサバイバル漫画となっている。

”荒廃した日本をサバイバルで生き残る”・・とにかく男心をくすぐるテーマだろう。

何より、この先、起こるかわからない展開にはワクワクすること間違いなし。

 

f:id:taka19870704:20181024163314j:plain

©Dr.STONE

 

 

 

 

ジャンプ

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • その他の増刊号

 最新記事