日刊中年ジャンプ!

アニメ「約束のネバーランド」放送目前、あらすじやアニメ情報を紹介。

週刊少年ジャンプで大人気連載中の「約束のネバーランド」のアニメが、2019年1月より放送が開始される。

 

f:id:taka19870704:20181015215456j:plain

©約束のネバーランド


そのアニメ放送を前に、「約束のネバーランド」はどういった内容の漫画なのか、どういったストーリーなのか?単行本は何巻まで出ているのか・・などなど、肝心なところをまとめておこうと思うので、今回のアニメ化で興味を持った方がいましたら参考にして頂きたい。

 

 

『約束のネバーランド』はどういうあらすじ?

 

 

里親が決まるまでの間、エマ・ノーマン・レイの3人は、小さな孤児院・GF(グレイス=フィールド)ハウスで幸せな毎日を送っていた。

 

・エマ

f:id:taka19870704:20181015234011j:plain

©約束のネバーランド

抜群の運動能力と高い知能を持つムードメーカー。

 

・ノーマン

f:id:taka19870704:20181015234038j:plain

©約束のネバーランド

優れた分析力と冷静な判断力を持つ、施設一の天才。

 

・レイ

f:id:taka19870704:20181015234022j:plain

©約束のネバーランド

ノーマンに匹敵するほどの頭脳明晰。

 

・ママ(イザベラ)

f:id:taka19870704:20181015234048j:plain

©約束のネバーランド

GFハウスを一人で仕切る、施設の子供たちの優しいママ。

 

 

そこでの毎日は、楽しく幸せに満ちたものだった。

f:id:taka19870704:20181015230025j:plain

©約束のネバーランド

 

しかし、ある日、そんな楽しかった暮らしは突如、終わりを迎えることに・・・。

 

GFハウスは小さな孤児院・・・それは表向きの”姿”

GFハウスの本当の姿は、”鬼”と呼ばれる異形生物のための食糧飼育施設だった。

f:id:taka19870704:20181015231804j:plain

©約束のネバーランド

そして、ママと慕っていたイザベラの本当の姿は、子供たちを”鬼”に献上するための冷酷な飼育監。

f:id:taka19870704:20181015231710j:plain

©約束のネバーランド


ママの”正体”、子供喰らう”鬼”という存在・・そんな悪夢のような真実の中、エマ・ノーマン・レイたちは”ある希望”を見出し、夢見る未来へ向けて施設からの脱獄を決意するのだった・・・。

 

と、いうのが「約束のネバーランド」の大まかな話のあらすじである。

少年ジャンプには珍しい、ダークファンタジー色が強い作品となっている。

ジャンルは「謎解き+脱出ゲーム+ダークファンタジー」とでも言えばいいだろうか。

 

「約束のネバーランド」は誰が描いているの?

 

「約束のネバーランド」は、白井カイウ(原作)、出水ぽすか(作画)の2人によって制作されている。

作画を担当している出水ぽすかさんは、女性で、これまで”てれびくん”や”月刊コロコロコミック”での漫画連載経験がありつつ、「ヤング・シャーロック・ホームズ」シリーズのカバーイラストを担当するなど、イラストレーターとしても活動しているそう。

 

 

 

単行本は何巻まで出ているの?

 

現在、単行本は10巻(2018年10月時点)まで発売され、累計発行部数は500万部以上。

最新刊の10巻まで買っても4000円・・・今だったら、アニメ放送どころか、ジャンプの最新話まで、まだまだ追いつくことが可能だ。

ちなみに、現在、Amazonの「kindleストア」のおいて、第1巻を無料で読むことが可能なので、少しでも興味がある方は読んで見てはどうだろうか。

すぐに世界観に惹き込まれ、続きが読みたくなるはずである。

 

 

もちろん、 「ばっきゃろう、1巻だけ読むなんて、そんなみみっちいことできないぜ」という江戸っ子の方には、全巻セットも用意されている。

ちなみに全巻セットだと通常4,363円だが、電子書籍版だと4,141円と、222円安く購入できるのだ。

 

 

 結局、「約束のネバーランド」って面白いの?

 

はっきり言って、今、「一番少年ジャンプで面白い」と言ってもいいくらい勢いがあり、実際に面白い。

 

連載当初は面白かったのに、徐々に風呂敷を広げていった結果、収拾がつかなくなり段々と尻つぼみになっていく・・・というジャンプ漫画を今まで数多くみてきたが、この「約束のネバーランド」は初期の面白さを今も保ったまま、ついに節目となる10巻にまで到達した。

 

しかし、まだまだ物語には謎や伏線が多く、毎週、ハラハラ、ドキドキした展開が続いているのだ。

逆に言えば、その謎や伏線の多さ、世界観に関する説明や情報の少なさ、などが読者を夢中にさせている要因なのかもしれない。

とにかく先が気になる、という漫画である。

少年ジャンプという雑誌の中で、作中に子供が次々と犠牲になっていくのは、かなり異質に思えたが、今思えば”キャラクターが子供だからこそ”の面白さがこの漫画には詰まってるのではないだろうか。

 

 

アニメの詳しい情報は?

 

アニメは2019年の1月より”フジテレビ”の”ノイタミナ”ほかで、放送が開始。

 

neverland-anime.com

 

 

現在、決まっている情報は以下の通り。

●放送日:2019年1月

●放送局:フジテレビほか

 

・原作:白井カイウ・出水ぽすか(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
・監督:神戸 守
・シリーズ構成:大野敏哉
・キャラクターデザイン:嶋田和晃
・音楽:小畑貴裕
・アニメーション制作:CloverWorks

●キャスト
・エマ:諸星すみれ
・ノーマン:内田真礼
・レイ:伊瀬茉莉也

 

また、2018年11月25日より、行われるイベント「ジャンプスペシャルアニメフェスタ2018」内での、アニメ先行上映も決定した模様。

一足先にアニメが観たい方は是非ともイベントに参加してみてはどうだろう。

 

www.jumpfesta.com

 

 

さて、アニメは一体どのような感じになるのか・・・そして、原作はこの先どうなっていくのか・・・色々と楽しみに待とうと思います。

 

 

ジャンプ

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • その他の増刊号

 最新記事