日刊中年ジャンプ!

ファミコンミニ ジャンプ創刊50周年ver.をレビュー!懐かしくてとてもいい!

じゃーん!ついにファミコンミニ ジャンプ創刊50周年ver.を買ってきたわよ!

おおおー!つ、ついに!

今回はそんなファミコンミニ ジャンプ創刊50周年ver.のレビューよ!

 

 

 

週刊少年ジャンプ50周年記念バージョンとは

 

f:id:jump0707tan:20180720230351p:plain

 

正式名称は「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ週刊少年ジャンプ50周年記念バージョン」 その名の通り、週刊少年ジャンプ創刊50周年を記念して、作られたゴールドに光り輝く特製バージョンのミニファミコン

ちなみになぜ”ゴールド”かというと、「50周年という特別感を出したかった」からだそう。

収録されているゲームは週刊少年ジャンプに関わるゲーム20タイトルが収録。

2018年7月7日に7980円(税抜き)にて発売された。

 

 

 

 

収録されているタイトルは?

 

    【収録タイトル一覧】

 

開発を担当したプロデューサーによると

 

最初はファミコンのジャンプゲームを全部入れちゃおうと思ったけど、さすがに入れられなかったので、開発チームの皆さんと何回も何回も協議して決めた。

各マンガ、なるべく1本は入れたいなという方針で、断腸の思いで減らしていって、20本を選んだ。

 

とのこと。

収録タイトルになぜ「ドラゴンクエスト」が入っているかというと、当時ジャンプでファミコン記事を執筆していた堀井雄二がシナリオを担当し、キャラクターデザインを「ドラゴンボール」を連載していた鳥山明が務めるなど、ジャンプ関わる人間がゲーム制作に多く関わり、その後も特集記事やタイアップ漫画の連載といったことを手掛けていたため、ジャンプと関わりが強いゲームだからだと思われる。

 

ファミコンミニ ジャンプ創刊50周年ver.のレビュー

 

中身や付属品

 

f:id:jump0707tan:20180721140401j:plain

f:id:jump0707tan:20180721141259j:plain

 

箱は「週刊少年ジャンプ」をイメージして作られているようだ。

 

f:id:jump0707tan:20180721141239j:plain

 

ジャンプとまったく同じサイズ、厚さはジャンプの約2冊分ほど。

 

f:id:jump0707tan:20180721135917j:plain

大きさが同じなので本棚にジャンプと一緒に並べることも可能。

 

 

f:id:jump0707tan:20180721140132j:plain

 

中身はこんな感じ。

ファミコンミニ本体、ハイスピードHDMI、USBケーブル(電源供給)、取扱説明書、保証書が入っている。

ちなみに、値段が少し高くなった「ACアダプター 」がセットになったバージョンもあるが、テレビの背面などにUSBを挿入する場所があれば、そこから付属のUSBケーブルを使って電源供給ができるため「コンセントから絶対に供給したい!」というコンセント接続に情熱を燃やしている方以外には必要なし。

 

 

ファミコンミニ ジャンプ創刊50周年ver.の外観

 

 ファミコンのロゴの横にジャンプの海賊マークがあるこだわり。

 

f:id:jump0707tan:20180721141528j:plain

 

f:id:jump0707tan:20180721142309j:plain

 

f:id:jump0707tan:20180721142848p:plain

f:id:jump0707tan:20180721145813p:plain

 

遊んでみた感想

 

すごくサクサク動いて、ゲーム切り替えもまったくストレスなく動かすことができる。

また、本体についているリセットボタンを押せば、勝手に中断セーブを作ってくれるのでちょっとした空き時間に遊べるところもいいと思う。

ただ、文字などはもちろんドット表示なので読み進めていくシミュレーションゲーム」系はやはり見づらい。

 

実際に遊んでいるところはこちらの動画で確認が可能。

 

 

こんな人にはオススメ

 

当時、遊んでいた世代

当時遊んでいた世代の方には絶対にオススメ。

ゲームをプレイすると懐かしい気持ちになり、当時の記憶が色々と思いだされることでしょう。

キン肉マン マッスルタッグマッチ」は兄とよくやっていました。

 

当時を知らない若い世代

もちろん当時を知らない若い人達にもオススメ。

今の親切で高画質のゲームとは十味くらい違う感覚が味わえるだろう。

あまりの不親切さ・理不尽さの連続にイライラして、コントローラーを投げて壊さないように気をつけて。

 

コレクターの人

コレクターの人にも間違いなくオススメ。

50周年を記念したものなので恐らく、大規模な再販のようなものはないと思われる。

欲しい方はいまのうちに。

 

 

ここが気になる

 

 

やはりクソゲー

収録されているタイトルの8割がいわゆるクソゲー

ゲームを楽しむというより、やはり当時の雰囲気を知る、当時を懐かしむ、といったコレクションアイテムのひとつして考えたほうがいいかもしれない。

時間をかけて楽しむものではなく、一時の「懐かしい!」を楽しむものかもしれない。

 

コントローラーが小さい!

コントローラーが小さい。

ボタンが押しづらい、入力しづらいというようなことはないが、成人の男の人なら間違いなく「小せぇ」と心の中で呟くと思う、別売りのクラシックコントローラーのようなものをつけて遊ぶこともできるようだが・・・。

 

思っていたよりチープ

これは通常のファミコンミニにも言えることなのかもしれないが、思っていた以上にチープだった。

本当にこれでゲームできるの?みたいな。

悪く言えば、UFOキャッチャーの景品でありそう。

 

 

まとめ

 

やはり「懐かしい」の一言に尽きる。

当時、遊んでいた方達には是非とも一度、手に取って懐かしんでもらいたい。

逆に「純粋にゲームを楽しみたい!」という若い世代の人達には、理不尽なゲームが多いため向いていないかも。

もう一度言いますが、収録タイトルの8割はクソゲー

あくまで当時を楽しむファンアイテムだと思ってもらえれば幸いである。

 

テレビの横に何気なく、ちょこんと置いておくのも可愛らしくていい。

売り上げも良かったようなので、この調子で近いうちに「スーパーファミコン版」の発売も期待したいところ・・・・。

 

ジャンプ

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • その他の増刊号

 最新記事