日刊中年ジャンプ!

【打ち切り漫画レビュー】ポロの留学記

f:id:jump0707tan:20180518151317j:plain

 

こんにちは、takaです。

 

今回は2017年12号より連載が開始され、2017年29号で連載が終了となった「ポロの留学記」のレビューをしたいと思います。

”悪魔の王子が憧れていた日本にやってくる”というストーリーでした。

初めての連載ということもあってなのか、行き当たりばったりな話や絵の荒さが目立ち、いかにも連載デビュー作!といった作品でした。

 

魔界最強の悪魔王子が日本へ!

 

魔界では”強さ”がすべてであった!

 

現魔王の退位まで残り一年、そして魔界にはその日にランキング1位の悪魔が次期魔王になるしきたりがあったのだ。

現魔王の息子である魔界の王子”ポロ”は、幼い頃から悪漢に襲われ正当防衛を続けるうちに、いつの間にか強さランキング総合1位になっていた。 

f:id:jump0707tan:20180519214233j:plain

 

しかし、ポロは暴力が大嫌い。

闘うことしか考えない荒くれものばかりの魔界に心底うんざりしていた。

そんな魔界についに嫌気がさしたポロは、憧れの人間界・日本へと移住することを決意したのであった。

f:id:jump0707tan:20180519214142j:plain

 

 

可愛らしい絵柄は良かったと思います。

そして初期の話は、ギャグ漫画でもバトル漫画でもどちらにも振れるような作りになっていたように感じました。

ただ、ポロが魔界最強”という設定だったのでバトル路線のようになっていくと、その設定のせいで色々とやりづらそうに思えたのですが、結局、ギャグ漫画のような感じから徐々にバトル漫画のようになっていき案の定・・・といった具合に。

バトル路線にするのだったら”ポロは魔界の落ちこぼれだけど、怒ったら真の力を発揮する”みたいな強さに規制があったほうが良かったのかもしれません。

 

 

 

なぜ打ち切りになったのか

 

 

日本に来た意味と行き当たりばったり

 

ポロが日本に留学をしたので、人間との触れ合いを描いていくような人情ドラマをメインとした感じになっていくものだと思っていたのですが、結局、日本に来たところで魔界やら天界から来た人外とのやり取りばかりなので、魔界にいたときと何もかわらず、何のために日本に来る設定にしたのかよくわかりません。

というか何を描きたかったのかがわかりません。

 

話も留学してきてメインの舞台になるであろう学校での話をほとんど描かず、学校の人間ともほとんど接することなく、全然説明しないうちに急にポロがバイトを始めたり、急に神様登場させたり、急に陰陽師だしてきたり、急にバトル路線にいったり、すべてを通して行き当たりばったり感がすごかったです。

そのせいで、話の続きがなくすごい単調な読み切り漫画を毎回読ませられているような気分でした。

 

ツッコミキャラ不在のために散らかりすぎる話

 

魔界の住人であったり、天界の住人であったり、登場人物の全員がボケ体質というか日本での常識がない人達ばかりなので、話がとても散らかっていました。

しかも、ギャグ漫画には必ず必要である常識人(ツッコミ)がいないために、ボケでやっているのか真面目にやっているのかわからない場面が多々あり、どう受け止めていいのかわからず全体を通して盛り上がりに欠けています。

やっぱりボケに対してツッコミがいることで話が締まりますし、「ここが面白いポイントですよ」とわかるので読者にも優しいと思います。

もしかすると、ツッコミ役に常識のあるポロの家来のような存在が一緒に日本に付いてきていれば良かったかもしれません。

ギャグを描きたいのならば、ツッコミは必須に思えます。

 

 

筆が遅いのか、絵が雑に

 

週刊連載というペースについていけなかったのかアシスタントがいなかったのかはわかりませんが、3話目、4話目辺りから背景が白くなってき、雑でガタガタになっていくのが非常に嫌でした。

 

f:id:jump0707tan:20180519213319j:plain

 

f:id:jump0707tan:20180519213330j:plain

 

この辺りで、ものすごく漂い出した「もうこの漫画は無理だろうな」という雰囲気。

これはもう明らかな準備不足。

しかし、「打ち切られたとはいえ、初めての連載作品なのだし単行本ではしっかりと描かれているだろう」と思ったのですが、それもただ単に資料画像のようなものを貼っただけなのも残念でした。

 

f:id:jump0707tan:20180519214019j:plain

 

 

 

 

週刊連載デビュー作ということもあってか、初々しいところだらけでした。

明らかな力不足。

このときはジャンプが”6週連続新連載”のようなことをやっていたので、たまたまそれの頭数に入れられただけなあと思うと、作者が可哀想な気もしますが。

とにかく次回があるのだとすれば、まずは週刊連載に合わせられるペース作りが必要だと思います。

女の子が可愛く描けているので、もしかすればラブコメ路線でならいけるかも・・・。

 

 

 

ジャンプ

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • その他の増刊号

 最新記事