日刊中年ジャンプ!

【打ち切り漫画レビュー】レディ・ジャスティス

f:id:jump0707tan:20180513001346j:plain

 

こんにちは、takaです。

 

今回は2015年25号より連載が開始され、2015年41号で連載終了となった「レディ・ジャスティス」のレビューをしたいと思います。

真面目な女性版ヒーロー漫画かと思いきや、「肉体的には無敵だけれど、攻撃を受けると服だけは破ける」というお色気ヒーロー漫画でした。

しかし、お色気漫画にしてはパワー不足、ヒーロー漫画としても物足りず残念な結果となってしまいました。

 

無敵の女子高生ヒーロー、しかし唯一の弱点が・・・

 

剛寒高校に通う高校生・丸藤円太(まるふじ えんた)は、中学時代にカツアゲされていたところを助けられて以来、思いを寄せているクラスメイトの女子がいた。

f:id:jump0707tan:20180514141947j:plain

 

彼女の名は、剣崎天利(けんざき あめり)
天利は容姿端麗、成績優秀な非の打ちどころのない美少女だが彼女には秘密があった。

天利は生まれたときから超能力を持っており、物心ついた時から悪を倒す無敵のヒーロー”ユースティティア”だったのだ。

肉体は無敵、そして毎回、敵を0.1%ほどの力で倒してしまう彼女であったが、唯一の弱点があった。

肉体は無敵でも、服は物理的に敗れてしまう。

そのため攻撃を受けると服がボロボロになり、裸のなってしまうのだ・・・。

f:id:jump0707tan:20180514142001j:plain

 

 

「肉体は無敵だけど、服は普通の服だから物理的にボロボロになる」

そして、それを恥じらうことで行動に支障をきたす主人公。

という設定は弱点にもなり、お色気にもなり面白かったと思います。

 

特に13話辺りのある事情によりノーパンで戦うことになり、キックもパンチも空を飛ぶことすらも封じられ、それ故にザコ敵に追いつめられる場面は、この設定を生かした面白い話でした。

思うに、「レディ・ジャスティス」の良さがすべてがそこに詰まっていたと言っても過言ではない完成された話でした。

 

 

なぜ打ち切りになったのか

 

結局、面白さはそれだけ

 

「肉体は無敵だけど、服は普通の服だから物理的にボロボロになる」という設定、

これは作品の面白さであったのですが、むしろ面白さがこれだけでした。

f:id:jump0707tan:20180514152815j:plain

だからこそ、この面白さをもっともっと強調してバカバカしく描いて欲しかったです。

言うならば「To Loveる」のようなバカエロパワーが絶対に必要でした。

もしかしたら、「毎回服が破けるだけでは飽きられるから」と作者は違う部分に面白さを見出そうとしていたのでしょうか?

途中から敵の組織が出てきたのですが、敵の組織を描くならやっぱり敵側にも個性を持たせなければならなかったと思います。

しかし、それがまったく出来ていませんでした。

だからこそ、ヒーローものとして面白くなっていません。

爆弾魔が出てきて、”普通に悪と戦うヒーローの話”をやってしまったことにより完全に失速してしまったように思えます。

違うんです、読者が見たかったものは「服がボロボロになって恥じらう主人公」なのです。

敵組織?ライバルキャラの登場?

違うんです、読者が見たかったものは「服がボロボロになって恥じらう主人公」なのです!

 

アメコミネタの数々

 

剛寒高校がバットマンに出てくる「ゴッサムシティ」から取ったものだったり、爆弾魔の選択肢を迫られるところも「ダークナイト」のネタだったり、作中にはアメコミからのパロネタが数々含まれています。

別に最初の「服がボロボロになる」というお色気バカ漫画のままだったら、こういうパロネタも面白くていいと思うのですが、普通のヒーロー漫画をやるのだったらパロネタをやっている場合じゃなかったと思います。

そうなってくると読者が求めるものは”オリジナリティ”

もっともっとどんどんオリジナル要素を出していって欲しかったです。

 

 

 

主人公の服がボロボロになる姿を読者が楽しむ、というマニアックな設定は面白かったのですが、途中で失速してしまったのが残念でした。

とにかくやることやることが、読者が望んでいない方向に進んでいってしまっていた印象です。

設定が設定だけに、やるからには遠慮せずに、変に綺麗に作ろうとせず、もっとバカパワー全開でやって欲しかったです。

 

 

 

 

ジャンプ

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • その他の増刊号

 最新記事